シトロエンの創業100周年記念モデル発売

2019.03.28 自動車ニュース
シトロエン・グランドC4スペースツアラー オリジンズ
シトロエン・グランドC4スペースツアラー オリジンズ拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年3月28日、シトロエンのミニバン「グランドC4スペースツアラー」のパワートレインを改良し、近日発売すると発表した。さらに、シトロエン創業100周年を記念した特別仕様車「ORIGINS(オリジンズ)」を、コンパクトモデル「C3」とグランドC4スペースツアラーに設定。C3オリジンズは同日に、グランドC4スペースツアラー オリジンズについては近日中に、販売を開始する。

C3オリジンズ
C3オリジンズ拡大
オリジンズロゴの入ったタグが付けられた「C3オリジンズ」のフロントシート。
オリジンズロゴの入ったタグが付けられた「C3オリジンズ」のフロントシート。拡大
ブロンズフレーム&ブロンズステッチ入りダッシュボードを採用する「C3オリジンズ」。
ブロンズフレーム&ブロンズステッチ入りダッシュボードを採用する「C3オリジンズ」。拡大
「C3オリジンズ」のフロントドアに貼られたオリジンズロゴステッカー。
「C3オリジンズ」のフロントドアに貼られたオリジンズロゴステッカー。拡大
「C3オリジンズ」のブロンズカラーストライプデコレーション(ルーフステッカー)。
「C3オリジンズ」のブロンズカラーストライプデコレーション(ルーフステッカー)。拡大
グレーベージュダッシュボードやツートーンファブリックシート、フロント大型ヘッドレストを採用する「グランドC4スペースツアラー オリジンズ」。
グレーベージュダッシュボードやツートーンファブリックシート、フロント大型ヘッドレストを採用する「グランドC4スペースツアラー オリジンズ」。拡大

7シーターのグランドC4スペースツアラーは、1.6リッター直4ガソリンエンジンで15ps、2リッター直4ディーゼルターボエンジンで10psの出力向上を果たし、新たにアイシン・エィ・ダブリュ製8段ATを組み合わせている。最高出力180psのガソリン、同163psのディーゼルともに世界で最も厳しいとされる排ガス規制のEuro6.2をクリア。従来の6段ATから8段ATへの変更によって、特に高速域での良好な燃費が期待できるという。

標準ラインナップの価格は、「シャイン」(ガソリン車)が377万円で、「シャインBlueHDi」(ディーゼル車)が390万円。

C3とグランドC4スペースツアラー(ガソリン/ディーゼル車)に設定されるオリジンズは、創業100周年にあたる2019年のみ販売されるモデル。それぞれの特別装備は下記の通り。

【C3オリジンズ】

  • オリジンズロゴステッカー(フロントドア)
  • ブロンズカラーストライプデコレーション(ドアミラー/ルーフステッカー/Cピラー/テールゲートエンブレム)
  • ブロンズカラーアクセント(フォグランプベゼル/エアバンプアクセント)
  • 17インチブラックアロイホイール
  • ブロンズステッチ入りファブリックコンビネーションシート(グレー/ブラック/ホワイト)
  • オリジンズロゴ入りフロントシートタグ
  • ブロンズフレーム&ブロンズステッチ入りダッシュボード
  • ブロンズパイピング入りフロアマット

【グランドC4スペースツアラー オリジンズ】

  • オリジンズロゴステッカー(フロントドア)
  • テールゲートエンブレムステッカー
  • ブラックドアミラー
  • 電動サンブラインド付きパノラミックガラスルーフ
  • ハンズフリー電動テールゲート
  • 17インチアロイホイール
  • ツートーンファブリックシート(ブラック&グレーベージュ)
  • フロント大型ヘッドレスト
  • フロントアクティブランバーサポート
  • グレーベージュダッシュボード

価格はC3オリジンズが258万円。グランドC4スペースツアラー オリジンズが386万円で、同BlueHDiは411万円。

(webCG)

関連キーワード:
C3, グランドC4スペースツアラー, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ここ日本でも実はひそかに絶好調!
    “C3景気”にわくシトロエンの次なる一手を探る
    2018.9.3 デイリーコラム “インポートカー業界のオシャレ担当”ことフランス車の中でも、さらに個性的な存在といえるシトロエン。2017年夏に新型「C3」を導入して以来、実はひそかに絶好調なダブルシェブロンの、日本市場における“次なる一手”を探る。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
ホームへ戻る