トヨタが車両電動化技術の特許実施権を無償提供

2019.04.03 自動車ニュース
 
トヨタが車両電動化技術の特許実施権を無償提供の画像拡大

トヨタ自動車は2019年4月3日、電動車の普及に向けた取り組みの一環として、モーターやパワーコントロールユニット(PCU)、システム制御等の車両電動化関連の技術について、同社が保有する特許実施権(審査継続中を含む)を無償で提供するとともに、電動車を開発・製造するために同社のパワートレインシステムを活用する場合に技術サポートを実施すると発表した。

 
トヨタが車両電動化技術の特許実施権を無償提供の画像拡大
 
トヨタが車両電動化技術の特許実施権を無償提供の画像拡大
 
トヨタが車両電動化技術の特許実施権を無償提供の画像拡大

この車両電動化技術は、トヨタが20年以上にわたるハイブリッド車の開発を通じて、高性能化やコンパクト化、低コスト化を進めてきたものであり、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池自動車など、さまざまなタイプの電動車開発に応用できるコア技術だ。

知的財産(特許)に関して同社は、従来オープンポリシーを基本とし、第三者からの特許実施の申し込みに対しては、適切な実施料により特許実施権を提供している。

車両電動化技術については、さまざまなタイプの電動車の開発に応用できる技術であるため、電動車普及への貢献の観点からこれまでの知的財産の基本方針を一歩進めて、トヨタが単独で保有する世界で約2万3740件の特許の実施権を無償で提供する。

あわせて、電動車開発に必要なパワートレインシステムであるモーターやバッテリー、PCU、制御ECU等(以下、車両電動化システム)の、同社が保有するシステムを活用する場合には、電動車の製品化に向けた技術サポートを受けることができる。

今回発表された施策の概要は以下の通り。

【特許実施権の無償提供】

  • 対象はトヨタが20年以上にわたるハイブリッド車開発で培ってきたモーター・PCU・システム制御等の車両電動化技術の特許約2万3740件(モーター:約2590件、PCU:約2020件、システム制御:約7550件、エンジン・トランスアクスル:約1320件、充電機器:約2200件、燃料電池関連:約8060件<2019年3月末時点。燃料電池関連については2015年1月より無償提供実施中>)
  • 期限は2030年末まで。
  • トヨタに申し込み後、具体的な実施条件等について協議の上で契約を締結

【技術サポートの実施】

  • 電動車の製造・販売を目的とした完成車メーカーが、トヨタが保有する車両電動化システムを購入する場合に、要望に応じて実施
  • 技術サポートの内容は、製品化する車両特性に応じた燃費・出力性能、静粛性といった商品力を高いレベルで実現するために必要な、車両電動化システム全体のチューニングに関するアドバイス。具体的には、車両電動化システムの概要や制御要領、搭載する車両に適用させるためのチューニング要領等についての詳細な説明など
  • 技術サポート実施に関わる費用は有償
  • トヨタに申し込み後、具体的な実施条件等について協議の上で契約を締結

(webCG)

関連キーワード:
トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事