「ジープ・ラングラー」の最強バージョンが上陸

2019.04.08 自動車ニュース
ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン
ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン拡大

FCAジャパンは2019年4月4日、「ジープ・ラングラー」のラインナップに、オフロード走破性を高めた最上級モデル「ラングラー アンリミテッド ルビコン」を追加設定し、同年5月18日に発売すると発表した。

 
「ジープ・ラングラー」の最強バージョンが上陸の画像拡大
 
「ジープ・ラングラー」の最強バージョンが上陸の画像拡大
 
「ジープ・ラングラー」の最強バージョンが上陸の画像拡大
 
「ジープ・ラングラー」の最強バージョンが上陸の画像拡大

ラングラー アンリミテッド ルビコンは、“最強のオフロード性能”をうたう本格クロスカントリーモデル。その車名は、ジープの車両開発に使われる米国カリフォルニア州の険しい山岳路「ルビコン トレイル」に由来する。

最大の特徴は、「ロックトラックフルタイム4×4システム」と名付けられた独自の4WDシステム。専用の変速比を持つ副変速機と相まって、岩場や凹凸のある傾斜路など“地を踏みしめるように進む”走行環境で威力を発揮するという。パワーユニットは2ドアの「ラングラー スポーツ」と同じ3.6リッターV6エンジンで、最高出力284ps、最大トルク347Nmを発生する。

またアンリミテッド ルビコンは、必要に応じて任意で後輪のみ、または前後輪両方のディファレンシャルを直結状態にできる「前後輪ディファレンシャルロック」を装備。さらに、フロントのスタビライザーを任意に解除することで、悪路においてフロントアクスルをより柔軟にストロークさせることができる「電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム」も備わる。

内外装については、過酷なトレイルで一定の性能試験をパスしたモデルであることを示す「Trail Rated」バッジのほか、以下の装備が与えられる。

【エクステリア】

  • 専用の17インチアルミホイール
  • ボディー保護用のロックレール
  • ダークグレーのアクセント入りフロントグリル
  • ブラック仕様のハードトップおよびフェンダーフレア
  • フロントフェンダーのRubiconデカール

【インテリア】

  • 専用レザーシート
  • レッドカラーのインストゥルメントパネル(ボディー色がパンプキンメタリックの場合はシルバーカラー)
  • サブバックなどが取り付け可能なフロントシートバックアタッチメント

価格は588万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ、新型「ラングラー」を10月25日に日本でお披露目 2018.10.1 自動車ニュース FCAジャパンが、新型「ジープ・ラングラー」を2018年10月25日に日本で正式発表する。新たに「JL」というコードネームが与えられた新型はラングラーとしては4代目にあたり、まずは導入記念限定車を含む3種類のモデルが日本に導入される。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
ホームへ戻る