アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表

2019.04.24 自動車ニュース
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ拡大

英アストンマーティンは2019年4月24日(現地時間)、「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表した。

 
アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表の画像拡大
 
アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表の画像拡大
 
アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表の画像拡大
 
アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表の画像拡大
 
アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表の画像拡大
 
アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表の画像拡大

ソフトトップの採用に合わせ空力特性を最適化

2018年6月に発表されたアストンマーティンの高性能スポーツモデル「DBSスーパーレッジェーラ」に、オープントップのヴォランテが登場した。

8層の断熱材と防音材を組み合わせたソフトトップは電動開閉式で、オープン/クローズに要する時間はそれぞれ14秒/16秒。リモートキーを使用すると、クルマから2m以内の距離であれば車外からも操作することができる。トップの色は「ボルドー・レッド」「アトランティック・ブルー」「タイタン・グレイ」など全8種類で、内張りにも6種類のロコーナ・ヘッドライナーを採用。オーナーの好みに応じたパーソナライズも可能となっている。

また、屋根の開閉を問わない洗練されたスタイリングもヴォランテの魅力だ。空力特性にも配慮がなされており、特に「エアロブレードII」(Cピラーの付け根から空気を取り入れリアのトランクリッド上部で排出する空力デバイス)については、ソフトトップ化に合わせた改良を加えることで、リアエンドで発生するダウンフォースを増強。高速走行時のダウンフォースは、クーペよりわずかに3kg少ない177kgを発生するという。エクステリアではカーボンファイバー仕上げのウインドスクリーンサラウンドも特徴で、オプションでそのデザインをトノカバーやリアウオーターフォールなどに用いることもできる。

パワープラントはクーペと共通で、エンジンには最高出力715bhp(約725ps)/6500rpm、最大トルク900Nm/1800-5000rpmを発生する5.2リッターV12ツインターボを、トランスミッションにはZF製の8段ATを採用。0-100km/h加速は3.6秒、最高速は340km/hと公称されている。

価格は、英国で24万7500ポンド、ドイツで29万5500ユーロ、米国で32万9100ドル。納車は2019年第3四半期に開始される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • BMW M3コンペティション(前編) 2021.7.22 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗するのは、フルモデルチェンジした「BMW M3コンペティション」。最高出力510PSの高性能セダンに対峙したレーシングドライバーは、ファーストタッチでどんなことを感じたのか。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る