今夏発売の「シトロエンC3エアクロス」全国8拠点で先行展示

2019.05.14 自動車ニュース
シトロエンC3エアクロス
シトロエンC3エアクロス拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月13日、同年夏に日本初導入を予定しているコンパクトSUV「シトロエンC3エアクロス」の先行巡回展示を、全国8カ所のシトロエン正規ディーラーで行うと発表した。

レジスター(エアコン吹き出し口)とステアリングホイール下部にオレンジのアクセントが採用された「C3エアクロス」のインテリア。
レジスター(エアコン吹き出し口)とステアリングホイール下部にオレンジのアクセントが採用された「C3エアクロス」のインテリア。拡大

この先行展示イベントは「ニューシトロエンC3エアクロス コンパクトSUVロードショー」という名称で、同年5月18日(土)から6月30日(日)までの各土曜日、日曜日に開催される。

C3エアクロスは、2017年10月に開催されたフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされたモデルで、同名のシリーズとしては2代目となる。日本にはこれまで正規導入がされておらず、C3エアクロスの発売は今回が初となる。

先行展示される車両は「シャイン」と呼ばれるグレードのパッケージオプション装着車。ダッシュボード左右やセンターのレジスター(エアコン吹き出し口)とステアリングホイール下部にオレンジのアクセントを採用し、シートと同じ生地がダッシュボードにもあしらわれるなど、エクステリアと同様に個性的なインテリアを実現している。

後席は最大15cm幅で前後スライドが行えるほか、60:40の分割可倒式となる背もたれはリクライニング機能も有している。助手席を倒せば約2.4mまでの長尺ものまで積載が可能となり、リアシートをたたんだ際の荷室最大容量は1289リッターと、コンパクトSUVとしてクラス随一のキャパシティーを誇る。さらにC3エアクロスでは、アクティブセーフティーブレーキやレーンデパーチャーウオーニング、ブラインドスポットモニターなどのADAS(先進運転支援システム)が全グレードで標準装備となる。

今イベントで展示を予定しているパッケージオプション装着車では、オフロードや雪道での走破性を向上させるグリップコントロールやマッド&スノータイヤ、ヒルディセントコントロールといったSUVに期待される装備に加え、パノラミックサンルーフも採用されている。

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ここ日本でも実はひそかに絶好調!
    “C3景気”にわくシトロエンの次なる一手を探る
    2018.9.3 デイリーコラム “インポートカー業界のオシャレ担当”ことフランス車の中でも、さらに個性的な存在といえるシトロエン。2017年夏に新型「C3」を導入して以来、実はひそかに絶好調なダブルシェブロンの、日本市場における“次なる一手”を探る。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
ホームへ戻る