プレミアムスポーティーを掲げる「日産リーフAUTECH」登場

2019.05.23 自動車ニュース
「日産リーフAUTECH」
「日産リーフAUTECH」拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2019年5月23日、電気自動車「日産リーフ」をベースとしたカスタムカー「リーフAUTECH(オーテック)」を設定し、同年6月21日に発売すると発表した。

 
プレミアムスポーティーを掲げる「日産リーフAUTECH」登場の画像拡大
 
プレミアムスポーティーを掲げる「日産リーフAUTECH」登場の画像拡大
 
プレミアムスポーティーを掲げる「日産リーフAUTECH」登場の画像拡大

プレミアムスポーティーをブランドコンセプトに掲げるAUTECH。今回のリーフAUTECHは「セレナ」「ノート」「エクストレイル」に続く、ブランド第4弾のモデルとなる。

エクステリアではメタル調フィニッシュの専用パーツにより、上質さと先進性を表現。フロントバンパーには専用ブルーのシグネチャーLEDを採用するとともに、AUTECHブランド車に共通のドットパターンのフィニッシャーを配している。

インテリアには、クリスタルスエードとレザレットのコンビシートを採用。高級木材であるシタン柄で飾ったインストゥルメントパネルは、ダークグレーをベースに、ほんのりとブルーに光るパールをあしらっている。

主な特別装備の内容は以下の通り。

  • AUTECH専用エクステリア(フロントグリル、フロントバンパー<バンパー下部メタル調フィニッシュ>、サイドシルフィニッシャー<メタル調フィニッシュ>、リアバンパーフィニッシャー<メタル調フィニッシュ>
  • 「AUTECH」エンブレム(フロント/リア)
  • AUTECH専用シグネチャーLED
  • AUTECH専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー(メタル調フィニッシュ)
  • AUTECH専用17インチアルミホイール&215/50R17 91Vタイヤ
  • AUTECH専用インテリア(クリスタルスエード&ブルーレザレットコンビシート「AUTECH」刺しゅう<ブルーステッチ>、ブルーレザレットドアトリム<フロント/リア、ブルー ダブルステッチ>、ブルーレザレットセンターコンソールリッド<ブルーステッチ>、ダークウッド調インストゥルメントパネル)
  • AUTECH専用本革巻きステアリング(ブラック/ブルーコンビ&ブルーステッチ)
  • AUTECH専用エンブレム(センタークラスター)

価格は「リーフAUTECH」が393万1200円で、「リーフe+ AUTECH」が443万2320円。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • 「日産リーフNISMO」がマイナーチェンジ 足まわりを中心にブラッシュアップ 2020.7.20 自動車ニュース 日産自動車がピュアEV「リーフNISMO」のマイナーチェンジモデルを発表。2020年1月にマイナーチェンジされた「リーフ」をベースに、足まわりやステアリングのセッティングを変更し、走行性能の向上を目指した。
ホームへ戻る