「トヨタ・ハイラックス」の先進安全装備が充実

2019.06.04 自動車ニュース
トヨタ・ハイラックスZ
トヨタ・ハイラックスZ拡大

トヨタ自動車は2019年6月4日、ピックアップトラック「ハイラックス」を一部改良し、同年6月24日に発売すると発表した。

 
「トヨタ・ハイラックス」の先進安全装備が充実の画像拡大
 
「トヨタ・ハイラックス」の先進安全装備が充実の画像拡大
 
「トヨタ・ハイラックス」の先進安全装備が充実の画像拡大

今回の改良では、先進安全装備の充実を図った。具体的にはプリクラッシュセーフティーの検知対象に新たに夜間の歩行者および昼間の自転車運転車を加えたほか、レーンディパーチャーアラートには警報だけでなく逸脱抑制も行うヨーアシスト機能を追加した。このほか前車の追従走行が可能なレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)と道路標識をディスプレイに表示するロードサインアシスト、前方のクルマの発進を知らせる先行車発進告知機能を採用した。

また、リアデフロックの設定を拡大し、全車に標準装備とした。

価格は「Z」が332万1000円で、「X」が375万6240円。特別仕様車「Z“ブラックラリーエディション”」が396万1440円。

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイラックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • BMWが新型「R1250GS」を発売 アドベンチャータイプの大型二輪モデル 2021.1.8 自動車ニュース BMWジャパンが大型二輪モデルの新型「R1250GS」を日本に導入。BMW製エンデューロバイクのフラッグシップモデルで、排気量1254ccの水平対向2気筒エンジンを搭載する。往年の名車「R100GS」をほうふつさせる、ブラック/イエローのカラーも用意している。
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る