ベーシックグレードを基に装備を充実 「クラウン」の特別仕様車“エレガンススタイル”発売

2019.07.08 自動車ニュース
トヨタ・クラウン ハイブリッドS Four“エレガンススタイル”
トヨタ・クラウン ハイブリッドS Four“エレガンススタイル”拡大

トヨタ自動車は2019年7月8日、上級セダン「クラウン」の特別仕様車「S“Elegance Style”(エレガンススタイル)」を発表。同日、販売を開始した。

 
ベーシックグレードを基に装備を充実 「クラウン」の特別仕様車“エレガンススタイル”発売の画像拡大
 
ベーシックグレードを基に装備を充実 「クラウン」の特別仕様車“エレガンススタイル”発売の画像拡大
 
ベーシックグレードを基に装備を充実 「クラウン」の特別仕様車“エレガンススタイル”発売の画像拡大
 
ベーシックグレードを基に装備を充実 「クラウン」の特別仕様車“エレガンススタイル”発売の画像拡大

今回のS“エレガンススタイル”は、2リッターターボ車と2.5リッターハイブリッド車のベーシックグレードをベースに、内外装をドレスアップした特別仕様車だ。

エクステリアについては、ハイパークロームメタリック塗装の18インチノイズリダクションアルミホイール&センターオーナメントと、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルなどを装備。

内装のカラーリングには、ブラックに加えて、オプション「ジャパンカラーセレクションパッケージ」で選択可能な茶系の「こがね」を設定。シートはスエード調の素材であるブランノーブと合成皮革の組み合わせとなっており、ドアトリム、インストゥルメントパネル、センターコンソールのサイドには、同じくスエード調のグランリュクスが用いられる。木目が特徴的な黒木目(ケヤキ調)のセンターコンソールも特徴のひとつだ。

また快適・安全装備については、「ブラインドスポットモニター」や「リアクロストラフィックオートブレーキ」(パーキングサポートブレーキ)などをセットにした“Cパッケージ”相当の装備が与えられている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S“エレガンススタイル”:498万円
  • ハイブリッドS“エレガンススタイル”:519万6960円
  • ハイブリッドS Four“エレガンススタイル”:541万2960円

(webCG)

関連キーワード:
クラウン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ クラウン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る