「スズキ・イグニス」に特別仕様車が登場 運転支援システムなど装備を大幅強化

2019.07.11 自動車ニュース
スズキ・イグニス ハイブリッドMGリミテッド
スズキ・イグニス ハイブリッドMGリミテッド拡大

スズキは2019年7月11日、コンパクトクロスオーバー「イグニス」に特別仕様車「ハイブリッドMGリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 

今回の特別仕様車は、エントリーグレードの「ハイブリッドMG」をベースに装備を充実させたもので、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」や、フルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステムなどを標準で採用。オプションで「全方位モニター用カメラパッケージ」も用意している。

デザインに関しても、外装にはメッキフロントグリルガーニッシュやメッキフロントフォグランプベゼルを、内装にはサテンメッキ調エアコンルーバーや高輝度ガンメタリック塗装の装飾パーツを採用。ボディーカラーには「キャラバンアイボリーパールメタリック」など全5色を設定している。

価格はFF車が151万2000円、4WD車が164万9160円。

また、カタログモデルについてもカラーバリエーションを変更しており、ボディーカラーにキャラバンアイボリーパールメタリックと「ラッシュイエローメタリック」を採用したほか、ブラック2トーンルーフ仕様も設定。全15パターンの豊富なラインナップを実現した。価格は138万2400円から187万5960円。

(webCG)

関連キーワード:
イグニス, スズキ, 自動車ニュース

スズキ イグニス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る