アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上

2019.07.31 自動車ニュース
「アバルト124スパイダー」のカスタマイズプログラム「Make Your Spider」採用車。(以下同じ)
「アバルト124スパイダー」のカスタマイズプログラム「Make Your Spider」採用車。(以下同じ)拡大

FCAジャパンは2019年7月3日、2シーターオープン「アバルト124スパイダー」にカスタマイズプログラム「Make Your Spider」を導入、同年8月1日から9月30日までの2カ月間限定で実施すると発表した。

 
アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上の画像拡大
 
アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上の画像拡大
 
アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上の画像拡大
 
アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上の画像拡大

同プログラムのセリングポイントは、内外装バリエーションの豊富さ。外装色は標準色のレッドとホワイト、メタリックブルー、パールホワイトに加え、シルバー、ブラックを含めた計6色をラインナップ。シートはレザー/アルカンターラとフルレザー、RECARO社製のレザー/アルカンターラの3タイプから選択できるようになっている。

通常、ボディーカラーとシートの組み合わせは限定されるが、同プログラムではより幅広い組み合わせの中から選ぶことができる。

さらにオプションとして「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」「レザーシート/ナビゲーション/オーディオパッケージ」「レカロシート/ナビゲーションパッケージ」という3タイプの装備パッケージを用意。トランスミッション(MT/AT)、ボディーカラー、シートデザイン、オプションパッケージの組み合わせは合計68通りに及ぶ。

これらにミラーカバーやピラーバーベゼル、「レコードモンツァエキゾーストシステム」などといったアクセサリーの選択肢を含めると、バリエーションは合計1564以上になる。

消費税を10%とした場合の価格は6MT車が406万円、6AT車が416万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
124スパイダー, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 124スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その6) 2018.3.8 画像・写真 いよいよ開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の中から、フィアット、アバルト、アルファ・ロメオの展示を写真で紹介する。
  • ジュネーブショー2016の会場から(その5) 2016.3.3 画像・写真 2016年3月1日に開幕した第86回ジュネーブ国際モーターショー。FCAはフィアットブランドの新型2シーターオープンカー「124スパイダー」と、そのアバルトバージョン「アバルト124スパイダー/124ラリー」を発表した。
  • ミツオカ・バディ 2020.10.29 画像・写真 光岡自動車は2020年10月29日、新型車「Buddy(バディ)」のデザインを初公開した。バディはミツオカにとって初のSUVであり、「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」というコンセプトのもとに開発されたという。正式発表を前に公開された同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る