ランボルギーニが台数63台の限定モデル「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開

2019.08.20 自動車ニュース
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ 63ロードスター
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ 63ロードスター拡大

伊ランボルギーニは2019年8月16日(現地時間)、米カリフォルニア州モントレーで開催された自動車イベント「モントレー・カー・ウイーク」で「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開した。

 
ランボルギーニが台数63台の限定モデル「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開の画像拡大
 
ランボルギーニが台数63台の限定モデル「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開の画像拡大
 
ランボルギーニが台数63台の限定モデル「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開の画像拡大
 
ランボルギーニが台数63台の限定モデル「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開の画像拡大
 
ランボルギーニが台数63台の限定モデル「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開の画像拡大

63台の生産台数は既に完売

アヴェンタドールSVJ 63ロードスターは、同車専用に仕立てられた内外装を特徴とする「アヴェンタドールSVJロードスター」の限定モデルであり、ランボルギーニが設立された1963年にあやかって63台限定で販売される。

コーディネートを手がけたのは、ランボルギーニのデザインチームであるチェントロ・スティーレと、オーダーメイドサービスを担うアドペルソナム部門で、ランボルギーニのパーソナライゼーションプログラムで利用できるカラーとトリムを活用し、8種類のデザインを用意している。

エクステリアではルーフ、エンジンカバー、エンジンエアベント、ウインドスクリーンの周縁、ウイングミラーを含むアッパーパートをマットカーボンファイバーまたはシャイニーカーボンファイバーから選択可能。鍛造ホイール「Leiron」はマットチタン仕上げで、「63」と描かれたボディーには、このクルマが貴重な限定モデルの1台であることを示すシリアルナンバープレートも装着される。

一方、3色のアルカンターラが用いられたインテリアでは、各所にカーボンファイバーと、ランボルギーニが特許を取得している軽量素材の「カーボンスキン」を使用。ステアリングホイールのバッジやアルカンターラとカーボンスキンのリアバルクヘッドには「63」のロゴをあしらっている。

今回、ペブルビーチで公開されたのは、ボディーカラーにマットグレーを用いた個体で、「SVJ」や「63」のロゴ、ホイールのセンターロックプレートなどをオレンジでコーディネート。インテリアカラーはグレーとオレンジとしている。

アヴェンタドールSVJ 63ロードスターは既に全車が売約済みで、2020年以降、各地のオーナーに届けられる予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール ロードスター, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る