ランボルギーニが「アヴェンタドール」のファイナルモデルを発表

2021.07.08 自動車ニュース
ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4 Ultimae
ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4 Ultimae拡大

伊ランボルギーニは2021年7月7日(現地時間)、フラッグシップスーパースポーツ「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の限定車「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」を発表した。生産予定台数は、クローズドボディーのクーペが350台で、「ロードスター」と呼ばれるオープントップモデルが250台。

 
ランボルギーニが「アヴェンタドール」のファイナルモデルを発表の画像拡大
 
ランボルギーニが「アヴェンタドール」のファイナルモデルを発表の画像拡大
 
ランボルギーニが「アヴェンタドール」のファイナルモデルを発表の画像拡大
アヴェンタドールLP780-4 Ultimaeロードスター
アヴェンタドールLP780-4 Ultimaeロードスター拡大
 
ランボルギーニが「アヴェンタドール」のファイナルモデルを発表の画像拡大

最終にして最もパワフルなアヴェンタドール

アヴェンタドールLP780-4 Ultimaeは、およそ10年にわたってフラッグシップの座にあったアヴェンタドールの最後を飾るモデル。「(かつてニュルブルクリンク北コースで市販車最速ラップタイムを樹立した)『アヴェンタドールSVJ』のパフォーマンスと、『アヴェンタドールS』の時代を超越したスーパースポーツのエレガンスに敬意を表しつつ、両モデルの最高の要素を取り入れ、パフォーマンスとダイナミズム、そして不朽の洗練との完璧なバランスを実現した」とアピールされる。

キャビン後方に縦置きされる自然吸気の6.5リッターV12エンジンは、アヴェンタドールSVJを10PSしのぐ最高出力780PSを発生(最大トルクは同じ720N・m)。車体に高剛性かつ軽量なカーボンファイバーモノコックやカーボンファイバー製パネルを採用することで、クーペの場合で1550kgという乾燥重量を実現。アヴェンタドールSVJ(乾燥重量1525kg)と同じ1.98kg/PSというパワーウェイトレシオを誇る。クーペの0-100km/h加速タイムは2.8秒、最高速度は325km/hと公表される。

デザイン面では、フロントセクションの空力的なダウンフォースを高めるために特別なフロントバンパーコンセプトを採用。軽量なリアバンパーでダイナミックな外観を演出するなど、アヴェンタドールSVJからのサーキット志向を継承しているという。

今回発表されたクーペのイメージカラーはグレー系のツートンカラーで、フロントグリルのエアロフィンやリアディフューザーにはマットレッドのアクセントが施される。ロードスターのイメージカラーは、ブルー系のツートーン。ともに、スタンダードカラーに加えて、アドペルソナムによる豊富なカラーオプションが用意される。

一方インテリアは、ブラックレザーとアルカンターラで仕立てられており、エクステリアと同系色のグレーのステッチとトリムがポイント。シートとダッシュボードはY字型のモチーフで飾られ、シートボルスターに「Ultimae」の刺しゅうが施される。ダッシュボードの運転席側には限定車であることを示すシリアルナンバーも添えられる。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, アヴェンタドール ロードスター, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る