三菱がコンパクトSUV「RVR」を改良 「ダイナミックシールド」を用いたフロントフェイスを採用

2019.08.22 自動車ニュース
三菱RVR
三菱RVR拡大

三菱自動車は2019年8月22日、コンパクトSUV「RVR」のフロントおよびリアデザインを変更するとともに一部改良を施し、同日、販売を開始した。

新色2色を導入し、全7色のボディーカラーを設定。
新色2色を導入し、全7色のボディーカラーを設定。拡大
リアセクションでは、テールランプやバンパーのデザインを変更。INVECS-Ⅲ(CVT)に、新たに常時スポーツモードとなるMポジションを設定している。
リアセクションでは、テールランプやバンパーのデザインを変更。INVECS-Ⅲ(CVT)に、新たに常時スポーツモードとなるMポジションを設定している。拡大

今回の改良では、三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を用いて顔つきを一新。力強さや堅牢(けんろう)さを表現し、存在感を高めたという。ターンランプをヘッドライトから独立させ、フォグランプとともにバンパーサイドに配置したデザインは、他の三菱車ラインナップとの関連性も印象付ける。

リアまわりでは、テールランプデザインを水平基調に変更し、バンパーサイド左右にブラックのガーニッシュを配置。ワイド感と安定感を演出したと三菱では説明している。「G」グレードには、18インチサイズのアルミホイールを設定。ボディーカラーは「サンシャインオレンジメタリック」と「レッドダイヤモンド」の2色を新たにラインナップし、全7色展開としている。

インテリアにおいては、シート生地に動きのある幾何学パターン(Gグレード)や、ブラックのルーフライニングが新たに採用された。

機能装備の充実も今回の改良ポイントで、スマートフォンをUSBポートにつなぐだけで「Android Auto」や「Apple CarPlay」に対応するスマートフォン連携ナビゲーションをオプションで用意。予防安全技術「e-Assist」には前進時の誤発進抑制機能が追加され、「サポカーSワイド」該当車になっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • RVR M:210万4920円(FF車)/234万1440円(4WD車)
  • RVR G:227万2320円(FF車)/250万8840円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • 第64回:「パジェロ」から始まった4WDの“民生化”
    都市を支配したオフローダーの変節
    2019.12.12 自動車ヒストリー 洋の東西を問わず、今日の自動車市場で大きな存在感を示しているSUV。このジャンルが成長を始めた際、その旗手となったのが「三菱パジェロ」だった。長年にわたりブームを主導しながら、ニーズの変化によって姿を消すこととなった時代の寵児の歴史を振り返る。
  • 37年の歴史に幕 「三菱パジェロ ファイナルエディション」限定発売 2019.4.24 自動車ニュース 三菱自動車は2019年4月24日、「パジェロ」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、700台の台数限定で販売を開始した。3.2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「エクシード」をベースに、人気オプションを標準装備としている。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る