三菱がコンパクトSUV「RVR」を改良 「ダイナミックシールド」を用いたフロントフェイスを採用

2019.08.22 自動車ニュース
三菱RVR
三菱RVR拡大

三菱自動車は2019年8月22日、コンパクトSUV「RVR」のフロントおよびリアデザインを変更するとともに一部改良を施し、同日、販売を開始した。

新色2色を導入し、全7色のボディーカラーを設定。
新色2色を導入し、全7色のボディーカラーを設定。拡大
リアセクションでは、テールランプやバンパーのデザインを変更。INVECS-Ⅲ(CVT)に、新たに常時スポーツモードとなるMポジションを設定している。
リアセクションでは、テールランプやバンパーのデザインを変更。INVECS-Ⅲ(CVT)に、新たに常時スポーツモードとなるMポジションを設定している。拡大

今回の改良では、三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を用いて顔つきを一新。力強さや堅牢(けんろう)さを表現し、存在感を高めたという。ターンランプをヘッドライトから独立させ、フォグランプとともにバンパーサイドに配置したデザインは、他の三菱車ラインナップとの関連性も印象付ける。

リアまわりでは、テールランプデザインを水平基調に変更し、バンパーサイド左右にブラックのガーニッシュを配置。ワイド感と安定感を演出したと三菱では説明している。「G」グレードには、18インチサイズのアルミホイールを設定。ボディーカラーは「サンシャインオレンジメタリック」と「レッドダイヤモンド」の2色を新たにラインナップし、全7色展開としている。

インテリアにおいては、シート生地に動きのある幾何学パターン(Gグレード)や、ブラックのルーフライニングが新たに採用された。

機能装備の充実も今回の改良ポイントで、スマートフォンをUSBポートにつなぐだけで「Android Auto」や「Apple CarPlay」に対応するスマートフォン連携ナビゲーションをオプションで用意。予防安全技術「e-Assist」には前進時の誤発進抑制機能が追加され、「サポカーSワイド」該当車になっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • RVR M:210万4920円(FF車)/234万1440円(4WD車)
  • RVR G:227万2320円(FF車)/250万8840円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • 三菱パジェロ クリーンディーゼルシリーズ【試乗速報】 2010.9.6 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード(4WD/5AT)/ロング エクシード(4WD/5AT)/ショート VR-II(4WD/5AT)
    ……487万2000円/440万4750円/384万3000円

    「三菱パジェロ」が新たにポスト新長期規制に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載した。環境性能だけでなく動力性能も同時に向上させた新型にオフロードコースで試乗し、ディーゼルのメリットを確かめた。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
ホームへ戻る