「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・m

2019.09.17 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」(写真左)と「コンチネンタルGT V8」(同右)。
「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」(写真左)と「コンチネンタルGT V8」(同右)。拡大

ベントレーモーターズジャパンは2019年9月17日、V8エンジンを搭載した新型「コンチネンタルGT V8」(クーペ)および「コンチネンタルGT V8コンバーチブル」を導入すると発表した。

 
「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・mの画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・mの画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・mの画像拡大

クーペ、コンバーチブルとも新開発の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。最高出力550PS、最大トルク770N・mを生み出すこのユニットは低負荷時に4気筒を休止させることが可能で、満タンからの航続可能距離は800km以上をうたう。8段のデュアルクラッチ式ATを介して四輪を駆動し、0-100km加速のタイムはクーペが4.0秒でコンバーチブルが4.1秒、最高速は両モデルとも318km/hと公表されている。

エクステリアではフロントフェンダーの「V8」バッジや左右2本ずつ=4本出しのマフラーエンド、ペイント仕上げの20インチ10スポークホイールがV8モデルならではの装備となる。

価格はクーペが2498万1000円で、コンバーチブルが2736万8000円(いずれも消費税10%を含む)。デリバリー開始は2020年第2四半期からとアナウンスされている。

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGT, コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • 最高出力700PS! 「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド」の最新モデルが日本上陸 2020.10.20 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年10月20日、「パナメーラ」シリーズのプラグインハイブリッドモデル「パナメーラ ターボS Eハイブリッド」および「パナメーラ4 Eハイブリッド」のマイナーチェンジモデルの国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る