「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大

2019.09.30 自動車ニュース
BMW 3シリーズ ツーリング
BMW 3シリーズ ツーリング拡大

BMWジャパンは2019年9月26日、新型「3シリーズ ツーリング」の販売を開始した。同年11月以降に納車を開始する。

 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大
 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大
 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大
 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大
 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大

価格は494万円から1005万円

3シリーズ ツーリングは、BMWのDセグメントモデル「3シリーズ」のステーションワゴンである。今回の新型は、従来モデルより5リッター大きな500リッターの荷室容量を確保。後席を倒した状態での容量も、10リッター増えて1510リッターとなっている。

利便性にも配慮しており、テールゲートのリアウィンドウ部のみを開閉できるガラスハッチを従来モデルから踏襲したほか、両手がふさがっている場合でも、足の操作のみでテールゲートの開閉が可能な「オートマチック・テールゲート・オペレーション」を「320i SE」を除く全車に採用。走行を開始すると自動でゴム製のすべり止めがせり上がり、荷物の横滑りを防ぐ「アンチ・スリップ・システム」も用意している。

運転支援システムも充実しており、高速道路でのドライバーの運転負荷を軽減する「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を320i SE以外のグレードに標準装備。音声によって、車両やマルチメディアシステムの操作が可能な「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」も搭載している。

ラインナップと価格は以下の通り(消費税10%を含む)。

  • 320i SEツーリング:494万円
  • 320iツーリング:567万円
  • 320iツーリングMスポーツ:619万円
  • 320d xDriveツーリング:614万円
  • 320d xDriveツーリングMスポーツ:666万円
  • 330iツーリングMスポーツ:669万円
  • M340i xDriveツーリング:1005万円

(webCG)

関連キーワード:
3シリーズ ツーリング, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ ツーリング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 335iツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.9.12 試乗記 その走りはまさにスポーツカー? 今や希少な直6エンジンに、専用チューニングのローダウンサスを組み合わせた「BMW 335iツーリング Mスポーツ」を試す。
  • 「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大 2019.9.30 自動車ニュース BMWジャパンが新型「3シリーズ ツーリング」を日本で発売。荷室容量は500リッターと、従来モデルよりやや拡大。高速道路でのハンズオフ運転支援システムやAI技術を使った音声操作機能など、先進装備も充実している。
  • 第33回:BMW 3シリーズ(前編) 2019.5.15 カーデザイナー明照寺彰の直言 世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る