「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大

2019.09.30 自動車ニュース
BMW 3シリーズ ツーリング
BMW 3シリーズ ツーリング拡大

BMWジャパンは2019年9月26日、新型「3シリーズ ツーリング」の販売を開始した。同年11月以降に納車を開始する。

 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大
 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大
 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大
 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大
 
「BMW 3シリーズ」にワゴンボディーの「ツーリング」登場 従来モデルより荷室を拡大の画像拡大

価格は494万円から1005万円

3シリーズ ツーリングは、BMWのDセグメントモデル「3シリーズ」のステーションワゴンである。今回の新型は、従来モデルより5リッター大きな500リッターの荷室容量を確保。後席を倒した状態での容量も、10リッター増えて1510リッターとなっている。

利便性にも配慮しており、テールゲートのリアウィンドウ部のみを開閉できるガラスハッチを従来モデルから踏襲したほか、両手がふさがっている場合でも、足の操作のみでテールゲートの開閉が可能な「オートマチック・テールゲート・オペレーション」を「320i SE」を除く全車に採用。走行を開始すると自動でゴム製のすべり止めがせり上がり、荷物の横滑りを防ぐ「アンチ・スリップ・システム」も用意している。

運転支援システムも充実しており、高速道路でのドライバーの運転負荷を軽減する「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を320i SE以外のグレードに標準装備。音声によって、車両やマルチメディアシステムの操作が可能な「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」も搭載している。

ラインナップと価格は以下の通り(消費税10%を含む)。

  • 320i SEツーリング:494万円
  • 320iツーリング:567万円
  • 320iツーリングMスポーツ:619万円
  • 320d xDriveツーリング:614万円
  • 320d xDriveツーリングMスポーツ:666万円
  • 330iツーリングMスポーツ:669万円
  • M340i xDriveツーリング:1005万円

(webCG)

関連キーワード:
3シリーズ ツーリング, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ ツーリング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDriveツーリングMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.24 試乗記 新型「BMW 3シリーズ ツーリング」の日本導入7モデルのうち、まずは最高出力190PSの2リッター直4ディーゼルと4WDの組み合わせとなる「320d xDriveツーリングMスポーツ」に試乗。拡大された荷室の使い勝手や、走りの進化を確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
ホームへ戻る