「BMW X1」がマイナーチェンジ 大型のキドニーグリルや新世代デザインのテールランプなどを採用

2019.10.04 自動車ニュース
BMW X1
BMW X1拡大

BMWジャパンは2019年10月3日、コンパクトSUV「X1」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、販売を開始した。

 
フロントセクションでは、左右が一体化された大型のキドニーグリルやLEDフォグランプ内蔵の新形状バンパーが、リアセクションではL字型をモチーフとした新デザインのテールランプが採用された。
フロントセクションでは、左右が一体化された大型のキドニーグリルやLEDフォグランプ内蔵の新形状バンパーが、リアセクションではL字型をモチーフとした新デザインのテールランプが採用された。拡大
ダッシュボード上部に、10.25インチサイズに大型化されたタッチ機能付きディスプレイを配置。新たにインストゥルメントパネルやセンターコンソールにステッチが採用されている。
ダッシュボード上部に、10.25インチサイズに大型化されたタッチ機能付きディスプレイを配置。新たにインストゥルメントパネルやセンターコンソールにステッチが採用されている。拡大
運転支援機能として、車線逸脱警告システムや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを含む「BMWドライビングアシスト」が標準搭載されている。
運転支援機能として、車線逸脱警告システムや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを含む「BMWドライビングアシスト」が標準搭載されている。拡大

現行のX1は、2015年のフルモデルチェンジでプラットフォームがFRベースからFFベースへと変更された2世代目。2018年には28万7000台の世界販売台数を記録したヒットモデルである。

今回のマイナーチェンジにおいてBMWは、最新モデルに共通する新世代のデザインコンセプトを用いてX1の内外装をリニューアル。フロントセクションでは左右を一体化し大きくなったキドニーグリルや、LEDフォグランプを組み込みエアインテークを大型化した新形状のバンパーを採用。リアセクションではL字型のモチーフが強調されたテールランプなどで、エクステリアイメージを一新している。

装備面では、乗降時に“X1”のロゴが足元に浮かび上がるプロジェクターや、10.25インチサイズに大型化されたタッチ機能付きディスプレイ、携帯機器用のワイヤレスチャージング機能などが標準装備となり、フルカラーヘッドアップディスプレイがオプション設定されている。

インテリアでは6色のLED照明で室内を演出するアンビエントライトが初採用され、インストゥルメントパネルやセンターコンソールがステッチを用いたデザインに変更されている。

ラインナップと価格は以下の通り(消費税10%を含む)。

  • X1 sDrive18i:438万円
  • X1 sDrive18i xLine:464万円
  • X1 sDrive18i Mスポーツ:482万円
  • X1 xDrive18d:489万円
  • X1 xDrive18d xLine:515万円
  • X1 xDrive18d Mスポーツ:534万円
  • X1 xDrive20i xLine:497万円
  • X1 xDrive20i Mスポーツ:517万円
  • X1 xDrive25i xLine:627万円
  • X1 xDrive25i Mスポーツ:650万円

(webCG)

関連キーワード:
X1, BMW, 自動車ニュース

BMW X1 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • BMW X2 M35i(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.8 試乗記 BMWの都会派クロスオーバー「X2」に、最高出力300psオーバーの高性能モデルが登場。「かつてない領域へとドライバーをいざなう」とうたわれるその走りは、多くのユーザーを満足させてくれるのか、それとも……?
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ(4WD/6MT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 「20年ぶりのトヨタの4WDスポーツ」をうたう「GRヤリス」が、間もなくベールを脱ごうとしている。エンジンパワーやボディーサイズなどのスペックが伏せられた中で乗ったプロトタイプモデルから感じたのは、“トヨタの本気”だった。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.24 試乗記 2代目となった「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の実力を確かめるべく、ディーゼルモデルの「SE D180」に試乗。より快適志向となったシャシー、文句のつけようのないエンジンなどに感心しつつも、リポーターがどうしても気になったポイントとは?
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る