マツダが「ロードスター」を一部改良 シルバーのソフトトップが目を引く特別仕様車も

2019.11.14 自動車ニュース
東京モーターショー2019の会場に展示された「マツダ・ロードスター シルバートップ」。
東京モーターショー2019の会場に展示された「マツダ・ロードスター シルバートップ」。拡大

マツダは2019年11月14日、小型オープンスポーツカー「ロードスター/ロードスターRF」に一部改良を施すとともに、特別仕様車「SILVER TOP(シルバートップ)」を設定し、同日に予約受け付けを開始した。発売は同年12月5日を予定している。

「ロードスター」のインテリア。
「ロードスター」のインテリア。拡大
本革シートにはパーフォレーションが採用された。
本革シートにはパーフォレーションが採用された。拡大
RAYSの鍛造ホイール装着車には、オプションでブレンボのフロントブレーキも用意される。
RAYSの鍛造ホイール装着車には、オプションでブレンボのフロントブレーキも用意される。拡大
「ロードスターRF VSバーガンディーセレクション」のインテリア。
「ロードスターRF VSバーガンディーセレクション」のインテリア。拡大
ロードスター シルバートップの注文受け付けは、2020年3月31日までの期間限定となっている。
ロードスター シルバートップの注文受け付けは、2020年3月31日までの期間限定となっている。拡大
価格はMT仕様が316万9100円、AT仕様が328万4600円。
価格はMT仕様が316万9100円、AT仕様が328万4600円。拡大

3.2kgの軽量化を実現する鍛造ホイールも

今回の改良では、ボディーカラーに「マツダ3」から導入を進めている「ポリメタルグレーメタリック」を追加。インテリアでは、ステッチのカラーをグレーとしたほか、一部のグレードに、本革素材の上質感を高めるパーフォレーション(穴あけ加工)や、ステンレススカッフプレートを採用した。

機能面では、予防安全技術システム「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスト SCBS)」を夜間歩行者も検知可能としたほか、マルチメディアシステム「マツダコネクト」を、Apple CarPlayとAndroid Autoという携帯端末のミラーリングに対応させた。

車種ごとの変更点としては、ソフトトップのロードスターには、新たにRAYS製の16インチ鍛造アルミホイールをオプション設定。このホイールは標準のものより1本につき800g軽量にできており、4本合計で3.2kgの軽量化を実現。同ホイールの装着車には、これもオプションとしてブレンボ製のフロントブレーキを用意している。

一方、リトラクタブルハードトップのロードスターRFについては、上質な「バーガンディーレッド」のナッパレザーインテリア「VSバーガンディーセレクション」を設定。これまで「VS」ではAT仕様のみで選択可能だったブレンボ製フロントブレーキ+BBS製17インチ鍛造アルミホイールのオプションを、MT仕様でも選択可能とした。

価格はロードスターが260万1500円から333万4100円まで。ロードスターRFが343万9700円から390万0600円まで。

シルバーのソフトトップが目を引く特別仕様車

同時に設定されたシルバートップは、車名の通り、シルバーのソフトトップを特徴とする「Sレザーパッケージ」がベースの特別仕様車である。インテリアは基本的にベース車と共通だが、エクステリアには先述のソフトトップに加えて、ボディー同色のドアミラーや、高輝度塗装の16インチアルミホイールが採用されている。

価格はMT仕様が316万9100円、AT仕様が328万4600円。注文受け付けは2020年3月31日までの、期間限定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ロードスター, ロードスターRF, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る