漆黒のカラーリングと装備にこだわった限定車「BMW X3ミッドナイトエディション」登場

2019.11.15 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年11月14日、SUV「BMW X3」に特別仕様車「MIDNIGHT EDITION(ミッドナイトエディション)」を設定し、台数130台の限定で同日、販売を開始した。

ミッドナイトエディションは、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力190PS、最大トルク400N・m)を搭載した「X3 xDrive20d Mスポーツ」をベースに、“都市のナイトドライブ”をコンセプトとして開発。夜に溶け込むような漆黒の外装に、都市の夜にマッチする高級感ある内装を採用しているという。

ボディーカラーは「ブラックサファイア」を採用。純正アクセサリーの20インチブラックホイールに加え、限定装備となる「エクステンドシャドーラインエクステリア」によってキドニーグリルやエキゾーストパイプをブラックでコーディネートした。インテリアには、コニャック色のシートやセンサテックダッシュボードを特別装備し、大人の夜にふさわしい落ち着きのある室内空間となっているとBMWはアピールしている。

価格は830万円。

(webCG)

BMW X3 xDrive20dミッドナイトエディション
BMW X3 xDrive20dミッドナイトエディション拡大

関連キーワード:
X3, BMW, 自動車ニュース