「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ スポーツパッケージ」改良 ディーゼルモデルにも新設定

2019.11.21 自動車ニュース
「ステルヴィオ」の「スポーツパッケージ」モデル。
「ステルヴィオ」の「スポーツパッケージ」モデル。拡大

FCAジャパンは2019年11月21日、アルファ・ロメオのSUV「ステルヴィオ」の「スポーツパッケージ」を改良し、同年12月7日に発売すると発表した。従来ガソリン車のみの設定だったが、新たにディーゼル車もラインナップする。

「スポーツパッケージ」モデルのインストゥルメントパネル。
「スポーツパッケージ」モデルのインストゥルメントパネル。拡大
ブラックルーフレールが装備された「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4スポーツパッケージ」。
ブラックルーフレールが装備された「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4スポーツパッケージ」。拡大

スポーツパッケージの改良点は、ブラックルーフレールの追加と、ウィンドウモールディングのクロームタイプからブラックへの変更。これによりスポーティーな雰囲気を高めたという。

スポーツパッケージとベースモデルの違いはルーフレールの有無のほか、スポーツパッケージには19インチアルミホイールおよびレッドブレーキキャリパー付きスポーツブレーキが備わっていることで、インテリアではスポーツレザーステアリング、スポーツレザーシート、レザーダッシュボード/ドアパネル、Harman/Kardonプレミアムオーディオシステム、LEDアンビエントライティングなどが装備される。

価格は「2.2ターボ ディーゼルQ4スポーツパッケージ」が666万円、「2.0ターボQ4スポーツパッケージ」が699万円。

(webCG)

関連キーワード:
ステルヴィオ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る