三菱は軽ハイトワゴン「eKクロス」のカスタムカーなどを出展【東京オートサロン2020】

2019.12.24 自動車ニュース
eKクロス ワイルドビーストコンセプト
eKクロス ワイルドビーストコンセプト拡大

三菱自動車は2019年12月24日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)への出展概要を発表した。

アウトランダーPHEV特務機関NERV仕様
アウトランダーPHEV特務機関NERV仕様拡大
エクリプス クロス 週末探検家仕様
エクリプス クロス 週末探検家仕様拡大
デリカD:5 ALL BLACKSサポートカー
デリカD:5 ALL BLACKSサポートカー拡大
デリカD:5 eye・キュート produced by テリー伊藤
デリカD:5 eye・キュート produced by テリー伊藤拡大

2020年の三菱ブースのテーマは、ブランドメッセージと同じ「Drive your Ambition(ドライブ・ユア・アンビション)」。「eKクロス」や「デリカD:5」「アウトランダーPHEV」「エクリプス クロス」のカスタマイズカーに加えて、新型軽スーパーハイトワゴンも展示される。特に新型軽スーパーハイトワゴンについては、東京モーターショーの展示車両では車名に付されていた「コンセプト」の文字が、今回の出展案内では消えているのが気になるところだ。

展示車両の概要は以下の通り。

「eKクロス ワイルドビーストコンセプト」
eKクロスのデザインコンセプト「キュートビースト」に対し、今回のカスタムカーでは「ワイルドビースト」がコンセプト。遊び心を感じるアウトドアイメージを強調することでeKクロスの持つSUVらしい新しい魅力を一層引き立てている。
 
ボディーカラーはイエローとブラックのカラーリングをベースに、ルーフとテールゲート、ボディーサイドにブラック/グレーのカムフラージュ柄のアクセントをレイアウト。タイヤはオンロードの快適性とオフロードでの走破性を両立する「トーヨー・オープンカントリーR/T」を採用、ホイールはボディーと同様のカラーリングで全体の統一感を高め、より積極的にアウトドアレジャーを楽しめる仕様としている。

「アウトランダーPHEV特務機関NERV仕様」
特務機関NERVはゲヒルンが運営する『特務機関NERV防災』アプリや防災情報配信サービスで、地震や津波、気象警報などの防災気象情報、停電情報といった生活情報などを速報で発信している。

アウトランダーPHEV特務機関NERV仕様は、ゲヒルンが、災害時に自治体へ車両を提供した実績のある三菱に呼びかけたことで実現したコラボレーションで、災害による長期停電や通信網の途絶に備え、防災情報配信サービスの継続と近隣自治体への支援を目的とした災害対策車両である。

車体には特務機関NERVのラッピングを施した上に、米国のカイメタが製造する平面型衛星アンテナ「KYMETA u7」を搭載、スカパーJSATとコラボレーションし、衛星通信によるインターネット接続サービスを提供する。

また、内閣府の協力により、準天頂衛星「みちびき」を利用した衛星安否確認サービス「Q-ANPI」端末を搭載し、みちびきを利用した災害用通信を提供する。
 
タイヤは「トーヨー・オープンカントリーR/T」、ホイールにはクリムゾン製「LYCAN」を採用し、災害時の支援活動におけるオフロードでの走破性も高めた仕様とした。

「エクリプス クロス 週末探検家仕様」
『週末探検家』は三菱のウェブコンテンツであり、“探検マインド”を持つアクティブなユーザーを応援し、クルマを通じた新しいドライブの楽しみ方、週末の過ごし方を提案するもの。ウェザーニューズからの気象情報の提供を通じて、第1弾の「雲海出現NAVI」、第2弾の「古典絶景NAVI」、第3弾の「令和日の出NAVI」などのコンテンツを配信している。
 
今回のエクリプス クロス週末探検家仕様では、スマートフォン連携ディスプレイオーディオと三菱のオリジナルアプリ『週末探検家』を使用した、コネクティッドシステムを紹介する。

足まわりにはエアーサスペンションジャパン製のスーパーパフォーマンスキットを採用し、ワイヤレスリモコンおよびスマートフォンアプリで車高の上げ下げが可能。
 
タイヤは「トーヨー・オープンカントリーR/T」、ホイールはレイズ製「TEAM DAYTONA M9」を採用し、行動範囲がさらに広がる、楽しさがより深まる、週末探検家にふさわしい仕様とした。

「デリカD:5 ALL BLACKSサポートカー」
デリカD:5のALL BLACKSサポートカーは、ラグビーニュージーランド代表チーム「ALL BLACKS」の日本国内における活動をサポートする車両。三菱は2021年まで車両パートナーとして同チームとのパートナーシップ契約を締結している。ボンネットとテールゲートにALL BLACKSのロゴマークをあしらい、左右ボディーサイドにはチームの象徴でありニュージーランド固有のシダの葉であるシルバーファーンを大胆に配した。また、タイヤには「ヨコハマ・ジオランダーX-AT G016」を、ホイールには「アドバンレーシングRZ II」を装着し、ALL BLACKSの鍛え抜かれたラガーマンをほうふつとさせる力強い走りを発揮する仕様とした。
 
「デリカD:5 eye・キュート produced by テリー伊藤」
演出家・コメンテーターとして活躍中のテリー伊藤氏のプロデュースによる、デリカD:5の新たなデザインとライフスタイルを提案するカスタムカー。フロントフェイスはボンネットをアッパーグリルまで延長させ、丸型のヘッドライトに変更することで、親しみやすい表情に。インテリアのシート生地はタータンチェック柄とし、ファッションにも一家言あるテリー伊藤氏らしい内装としている。また、タイヤには「ヨコハマ・ジオランダーCV G058」を、ホイールにはMLJ製「DAYTONA」を採用し、足元をレトロでクラシカルなイメージとすることで、より親しみを感じさせる仕様とした。

(webCG)

関連キーワード:
eKクロス, デリカD:5, エクリプス クロス, アウトランダーPHEV, 三菱, 東京オートサロン2020, 自動車ニュース

三菱 eKクロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 「三菱eKクロス」の特別仕様車「Tプラスエディション」発売
    2019.12.25 自動車ニュース 三菱自動車は2019年12月25日、軽乗用車「eKクロス」に特別仕様車「Tプラスエディション」を設定し、販売を開始した。最上級グレード「T」をベースに、人気オプションの「MI-PILOT」と電動パーキングブレーキ、デジタルルームミラーを標準装備している。
  • ホンダが国内に導入する新型「アコード」の概要発表 ハイブリッドのモノグレードで展開 2020.1.23 自動車ニュース 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月に国内での販売を予定している「アコード」の概要を発表した。10代目となる新型は、4ドアクーペを思わせるスタイリングが特徴。新プラットフォームの採用によりユーティリティー性も向上している。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
ホームへ戻る