第38回:三菱eKクロス(後編)

2019.06.26 カーデザイナー明照寺彰の直言
三菱eKクロス
三菱eKクロス拡大

この“顔”はスポーツカーにもよく似合う!? SUV風のデザインが目を引く、三菱の新しい軽乗用車「eKクロス」。迫力満点のフロントマスク「ダイナミックシールド」の特徴とアドバンテージを、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。

フロントに6つのランプを備える「eKクロス」。最廉価の「M」のみ、バンパーにフォグランプがないのでランプは4つとなる。
フロントに6つのランプを備える「eKクロス」。最廉価の「M」のみ、バンパーにフォグランプがないのでランプは4つとなる。拡大
縦長のヘッドランプと切れ長なポジションランプの組み合わせは「デリカD:5」と共通。いずれもLED式だ。
縦長のヘッドランプと切れ長なポジションランプの組み合わせは「デリカD:5」と共通。いずれもLED式だ。拡大
ホイールアーチに備わるモールディングは実は“貼り物”。こうした割り切りも、インパクトのあるフロントマスクの実現に一役買っている。
ホイールアーチに備わるモールディングは実は“貼り物”。こうした割り切りも、インパクトのあるフロントマスクの実現に一役買っている。拡大
 
第38回:三菱eKクロス(後編)の画像拡大

フロントマスクに集中投資

明照寺彰(以下、明照寺):それにしてもeKクロスは、コスト管理の厳しい軽自動車なのに、フロントにランプが6個も付いてるわけじゃないですか。それだけで相当スゴいし、よくやるなぁと感心します。

永福ランプ(以下、永福):あ、そうか。「デリカD:5」と同じで、この真ん中の縦長のがヘッドライトなんですもんね。

明照寺:そうなんですよ。「シトロエンC3」あたりから始まった流れが、もう軽自動車まで来たってことなんです。

永福:しつこいようですが、「日産ジューク」からでは……。

明照寺:ええ、まぁ(笑)。

ほった:ホントにこだわりますねぇ(笑)。

明照寺:とにかくeKクロスの顔まわりは非常にコストがかかっているし、ぜいたくなんです。そのかわり、サイドのホイールアーチに沿ったモールディングは貼り物っぽい。いわゆるシール的なもので、そういうところではコストを抑えています。けど、サイドより顔を重視したのは、賢い選択なんじゃないでしょうか。

永福:人もクルマも顔が命。

明照寺:eKクロスは個人的にかなり好印象なんです。それであらためて思ったんですけど、やっぱり顔まわりって重要だなぁと。

永福:重要ですよ!

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る