第38回:三菱eKクロス(後編)

2019.06.26 カーデザイナー明照寺彰の直言
三菱eKクロス
三菱eKクロス拡大

この“顔”はスポーツカーにもよく似合う!? SUV風のデザインが目を引く、三菱の新しい軽乗用車「eKクロス」。迫力満点のフロントマスク「ダイナミックシールド」の特徴とアドバンテージを、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。

フロントに6つのランプを備える「eKクロス」。最廉価の「M」のみ、バンパーにフォグランプがないのでランプは4つとなる。
フロントに6つのランプを備える「eKクロス」。最廉価の「M」のみ、バンパーにフォグランプがないのでランプは4つとなる。拡大
縦長のヘッドランプと切れ長なポジションランプの組み合わせは「デリカD:5」と共通。いずれもLED式だ。
縦長のヘッドランプと切れ長なポジションランプの組み合わせは「デリカD:5」と共通。いずれもLED式だ。拡大
ホイールアーチに備わるモールディングは実は“貼り物”。こうした割り切りも、インパクトのあるフロントマスクの実現に一役買っている。
ホイールアーチに備わるモールディングは実は“貼り物”。こうした割り切りも、インパクトのあるフロントマスクの実現に一役買っている。拡大
 
第38回:三菱eKクロス(後編)の画像拡大

フロントマスクに集中投資

明照寺彰(以下、明照寺):それにしてもeKクロスは、コスト管理の厳しい軽自動車なのに、フロントにランプが6個も付いてるわけじゃないですか。それだけで相当スゴいし、よくやるなぁと感心します。

永福ランプ(以下、永福):あ、そうか。「デリカD:5」と同じで、この真ん中の縦長のがヘッドライトなんですもんね。

明照寺:そうなんですよ。「シトロエンC3」あたりから始まった流れが、もう軽自動車まで来たってことなんです。

永福:しつこいようですが、「日産ジューク」からでは……。

明照寺:ええ、まぁ(笑)。

ほった:ホントにこだわりますねぇ(笑)。

明照寺:とにかくeKクロスの顔まわりは非常にコストがかかっているし、ぜいたくなんです。そのかわり、サイドのホイールアーチに沿ったモールディングは貼り物っぽい。いわゆるシール的なもので、そういうところではコストを抑えています。けど、サイドより顔を重視したのは、賢い選択なんじゃないでしょうか。

永福:人もクルマも顔が命。

明照寺:eKクロスは個人的にかなり好印象なんです。それであらためて思ったんですけど、やっぱり顔まわりって重要だなぁと。

永福:重要ですよ!

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 「三菱eKクロス」の特別仕様車「Tプラスエディション」発売
    2019.12.25 自動車ニュース 三菱自動車は2019年12月25日、軽乗用車「eKクロス」に特別仕様車「Tプラスエディション」を設定し、販売を開始した。最上級グレード「T」をベースに、人気オプションの「MI-PILOT」と電動パーキングブレーキ、デジタルルームミラーを標準装備している。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 三菱が新型軽乗用車「eKワゴン」「eKクロス」を発売 2019.3.28 自動車ニュース 三菱が軽乗用車「eKワゴン」をモデルチェンジ。SUVテイストの派生モデル「eKクロス」とともに販売を開始した。充実した運転支援システムも特徴で、オプションでアダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能を組み合わせた「MI-PILOT(マイパイロット)」も用意される。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
ホームへ戻る