中古車市場に変化あり!? いまねらい目のクルマはこれだ!

2020.10.30 デイリーコラム

この7モデルは外せない

2020年の3月か4月ごろは、いわゆるコロナ禍で虫の息状態だった中古車業界。だが筆者の取材によれば、5月になると早くも民草の中古車購買意欲は大復活。各販売店からはそのころ、「忙しすぎてツラいです!」というようなうれしい悲鳴が、実は上がっていた。

そうなってくると中古車の卸売価格というのは必然的に上昇してしまうもので、指名買いとなる場合が多い一部の旧車などは「直近の仕入価格は今年3月ごろの倍近くですよ(中古車販売店経営者談)」という状況にもなっている。

だが「すべての中古車の相場が上がっている」というわけではない。なかには「えっ? こんな値段で買えちゃうの?」と、やや引いてしまうぐらいの安値相場になっているモデルも多いものだ。

そういった「引くぐらい安くなったモデル」は主に2種類。ひとつは「人気は高いが、さすがに流通量が多すぎるモデル」で、もうひとつは「率直に言って、やや人気薄なモデル」。ここでは、それら2パターンのなかから「いま、いろいろな意味で注目すべき7車種」をピックアップしてみたい。

どういう順番でご紹介してもいいのだが、まぁわかりやすいように「価格順」でいってみようか。まずは「車両100万円級の部」である。

車両100万円級の部に「やや人気薄部門」からエントリーされたのが、現行型の「スズキ・スイフト」。言わずと知れたスズキの世界戦略車で、非常に高いシャシー性能を誇る1.2リッタークラスの小型ハッチバックだ。この新車を買おうとすると車両価格だけでも150万から208万円ほどになるのだが、「中古でもよし!」と開き直れば、走行1万km台までの「XGリミテッド」という特別仕様車が車両80万円程度から狙えてしまう。

スイフトにはさらに上級なグレードもあるのだが、こういったクルマは極力シンプルなグレードにサラッと乗るのが基本的には正解。その意味で、最廉価グレードのXGに「セーフティーパッケージ」と本革巻きステアリングホイールなどを程よくプラスしたXGリミテッドのお手ごろ中古車は、良い意味での「素晴らしいゲタ」となるだろう。

いま、かつてないほど中古車市場がアツい!? あなたが気になっていたあのクルマも、調べてみると驚くような価格になっていたりして……。写真は『webCG』の便利な中古車検索ページ。クルマをチェックする際は、メニューからアクセスのうえ、ぜひご活用ください。
いま、かつてないほど中古車市場がアツい!? あなたが気になっていたあのクルマも、調べてみると驚くような価格になっていたりして……。写真は『webCG』の便利な中古車検索ページ。クルマをチェックする際は、メニューからアクセスのうえ、ぜひご活用ください。拡大
2017年11月に発売された「スズキ・スイフトXGリミテッド」は、走りの良さで定評のあるスイフトの特別仕様車。CVT車とMT車が設定されている。登場からまだ3年だが、非常に買い得感のある価格で取引されている。
2017年11月に発売された「スズキ・スイフトXGリミテッド」は、走りの良さで定評のあるスイフトの特別仕様車。CVT車とMT車が設定されている。登場からまだ3年だが、非常に買い得感のある価格で取引されている。拡大
スズキ スイフト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(後編) 2018.7.5 谷口信輝の新車試乗 最新型「スズキ・スイフトスポーツ」の走りを、レーシングドライバーの谷口信輝は大絶賛。では、ドライビングポジションやデザインについてはどんな印象を抱いたのか? 率直な感想を聞いてみた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
ホームへ戻る