クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

中古車市場に変化あり!? いまねらい目のクルマはこれだ!

2020.10.30 デイリーコラム

この7モデルは外せない

2020年の3月か4月ごろは、いわゆるコロナ禍で虫の息状態だった中古車業界。だが筆者の取材によれば、5月になると早くも民草の中古車購買意欲は大復活。各販売店からはそのころ、「忙しすぎてツラいです!」というようなうれしい悲鳴が、実は上がっていた。

そうなってくると中古車の卸売価格というのは必然的に上昇してしまうもので、指名買いとなる場合が多い一部の旧車などは「直近の仕入価格は今年3月ごろの倍近くですよ(中古車販売店経営者談)」という状況にもなっている。

だが「すべての中古車の相場が上がっている」というわけではない。なかには「えっ? こんな値段で買えちゃうの?」と、やや引いてしまうぐらいの安値相場になっているモデルも多いものだ。

そういった「引くぐらい安くなったモデル」は主に2種類。ひとつは「人気は高いが、さすがに流通量が多すぎるモデル」で、もうひとつは「率直に言って、やや人気薄なモデル」。ここでは、それら2パターンのなかから「いま、いろいろな意味で注目すべき7車種」をピックアップしてみたい。

どういう順番でご紹介してもいいのだが、まぁわかりやすいように「価格順」でいってみようか。まずは「車両100万円級の部」である。

車両100万円級の部に「やや人気薄部門」からエントリーされたのが、現行型の「スズキ・スイフト」。言わずと知れたスズキの世界戦略車で、非常に高いシャシー性能を誇る1.2リッタークラスの小型ハッチバックだ。この新車を買おうとすると車両価格だけでも150万から208万円ほどになるのだが、「中古でもよし!」と開き直れば、走行1万km台までの「XGリミテッド」という特別仕様車が車両80万円程度から狙えてしまう。

スイフトにはさらに上級なグレードもあるのだが、こういったクルマは極力シンプルなグレードにサラッと乗るのが基本的には正解。その意味で、最廉価グレードのXGに「セーフティーパッケージ」と本革巻きステアリングホイールなどを程よくプラスしたXGリミテッドのお手ごろ中古車は、良い意味での「素晴らしいゲタ」となるだろう。

いま、かつてないほど中古車市場がアツい!? あなたが気になっていたあのクルマも、調べてみると驚くような価格になっていたりして……。写真は『webCG』の便利な中古車検索ページ。クルマをチェックする際は、メニューからアクセスのうえ、ぜひご活用ください。
いま、かつてないほど中古車市場がアツい!? あなたが気になっていたあのクルマも、調べてみると驚くような価格になっていたりして……。写真は『webCG』の便利な中古車検索ページ。クルマをチェックする際は、メニューからアクセスのうえ、ぜひご活用ください。拡大
2017年11月に発売された「スズキ・スイフトXGリミテッド」は、走りの良さで定評のあるスイフトの特別仕様車。CVT車とMT車が設定されている。登場からまだ3年だが、非常に買い得感のある価格で取引されている。
2017年11月に発売された「スズキ・スイフトXGリミテッド」は、走りの良さで定評のあるスイフトの特別仕様車。CVT車とMT車が設定されている。登場からまだ3年だが、非常に買い得感のある価格で取引されている。拡大
スズキ スイフト の中古車

意外にベンツやビーエムも!

同じく車両100万円級の部では「三菱eKクロス」の「G」というグレードも捨てがたい。新車価格は約160万円だが、超低走行中古車がいま、おおむね車両110万円でイケる。電気ひげそりのようなオラオラ顔は賛否両論あるかと思うが、軽であるeKクロスの場合は「意外と悪くないかも!」というのが筆者の偽らざる印象だ。そして実は、走りがかなりいい軽自動車でもある。

車両価格で200万円プラスαの予算を用意できるなら、いま狙うべき中古車のひとつは現行型「メルセデス・ベンツCクラス」だろう。まあ現行型といっても、この予算で狙えるのは2018年8月に行われたビッグマイナーチェンジ前の世代になるが、車両200万円前後で走行2万km台までの「C180アバンギャルド(レーダーセーフティーパッケージ付き)」が普通に買えるので、一般的な使い方をする分には何の問題もない。いちいち「後期型のほうが!」などと言うのは一部のマニアだけだ。

また車両200万円プラスα級の予算では、ひとつ前の型にはなるが「メルセデス・ベンツC63 AMG」も、いま注目すべき一台といえよう。6.2リッターの自然吸気V8を搭載した超ハイパフォーマンスモデルだが、この種のエンジンは「いまのうち」に堪能しておくべきであり、中古車相場も思いのほか手ごろ。車両本体価格250万円ぐらいから、コレクターズアイテムである「パフォーマンスパッケージ」装着車(最高出力が30PS強化された仕様)が見つかるはずだ。自動車税は年額11万円といささか強烈だが、そこは「見なかったこと」にして突き進みたい。

インパクトのあるフロントデザインの「三菱eKクロス」は、日産主導で開発された軽の力作といえる。この顔がイヤでなければ、ぜひおすすめしたい一台である。写真は文中でも触れている「eKクロスG」。
インパクトのあるフロントデザインの「三菱eKクロス」は、日産主導で開発された軽の力作といえる。この顔がイヤでなければ、ぜひおすすめしたい一台である。写真は文中でも触れている「eKクロスG」。拡大
日本では2014年7月にデビューした現行型「メルセデス・ベンツCクラス」。マイナーチェンジ前のモデル(写真)は、いまでも十分魅力的。価格が安いとなればなおさらだ。
日本では2014年7月にデビューした現行型「メルセデス・ベンツCクラス」。マイナーチェンジ前のモデル(写真)は、いまでも十分魅力的。価格が安いとなればなおさらだ。拡大
新車では1000万円以上だった1世代前の「メルセデス・ベンツC63 AMG(現在のモデル名はメルセデスAMG C63)」もお手ごろ価格に。鍛造ピストンや軽量クランクシャフトの採用により出力が30PS増しとなる「パフォーマンスパッケージ」(125万円!)が付いたモデルでも200万円台で購入可能となっている。
新車では1000万円以上だった1世代前の「メルセデス・ベンツC63 AMG(現在のモデル名はメルセデスAMG C63)」もお手ごろ価格に。鍛造ピストンや軽量クランクシャフトの採用により出力が30PS増しとなる「パフォーマンスパッケージ」(125万円!)が付いたモデルでも200万円台で購入可能となっている。拡大

新車にこだわるべからず

車両価格300万円台を用意するつもりがあるならば、新車価格538万円也の現行型「BMW 3シリーズ」も普通に射程圏内となる。3シリーズは「人気は高いのだが、さすがに数が多すぎる」という理由で安値となる中古車の典型で、とってもいいクルマなのだが、走行数千km程度の「320i」が新車価格より約35%OFFの350万円ぐらいから。色や仕様が選べないという難点はあるが、新車を買うのがためらわれるような相場状況なのだ。

車両300万円台級の部で「数が多すぎるから」という理由で安いのが現行3シリーズであるなら、「いまひとつ人気薄だから」という理由で安いのが「アルファ・ロメオ・ジュリア」。これは新車価格543万円だった「スーパー」の、走行1万kmぐらいの個体がおおむね330万円といったところ。「3シリーズはさすがに王道すぎてちょっと……」という人は、ジュリアのちょっと変わったボディー色の個体を探せば幸せになれるはずだ。

「600万円ぐらいは出せる」というお大尽はいま、現行型の「アウディA6」に注目するべきだろう。現行A6は、同クラスのライバルとなる「メルセデス・ベンツEクラス」や「BMW 5シリーズ」をも上回るとされる超絶シャシー性能が魅力の一台だが、新車は高くてそう簡単に買えるものでもない。具体的には、中古車市場でタマ数が多い「55 TFSIクワトロSライン」というグレードの新車価格は1035万円だ。

しかしこれが中古車になると一気に安くなり、走行数千kmレベルの物件でも車両価格は680万円前後となる。「いまのところ宇宙一」とも一部でいわれているシャシーを手に入れるための金額としては「ある意味安い」といえるはずだ。

このように、皆さんが大好きな「新車」というものから一度目線を外してみると、世の中には「おいしい中古車」がけっこうゴロゴロしていることがわかる。中古車アレルギーをお持ちの人もいるかもしれないが、近年の中古車は(ちゃんと選びさえすれば)壊れまくって困るなんてことはほとんどない。筆者なんぞはこれまで十数台買ったクルマのほとんどが中古車だったが、こうして大過なくごく普通に生きている。ということで皆さまも、よろしければぜひ。

(文=谷山 雪/写真=スズキ、メルセデス・ベンツ日本、花村英典、田村 弥、向後一宏、webCG/編集=関 顕也)

国内販売のスタート(2019年3月)から1年半ほどしかたっていない現行型「BMW 3シリーズ」。人気車種であるがゆえに、意外に買いやすい価格になっている。
国内販売のスタート(2019年3月)から1年半ほどしかたっていない現行型「BMW 3シリーズ」。人気車種であるがゆえに、意外に買いやすい価格になっている。拡大
「BMW 3シリーズ」を意識して開発されたであろう、アルファ・ロメオのスポーツセダン「ジュリア」も安い。2リッター直4ターボの「スーパー」(写真)などいかが?
「BMW 3シリーズ」を意識して開発されたであろう、アルファ・ロメオのスポーツセダン「ジュリア」も安い。2リッター直4ターボの「スーパー」(写真)などいかが?拡大
モデルチェンジでずいぶんお高くなってしまった「アウディA6」。600万円台という中古車価格は絶対的には安くはないが、1年半前に新車が1000万円以上したことを考えると、なかなか……!
モデルチェンジでずいぶんお高くなってしまった「アウディA6」。600万円台という中古車価格は絶対的には安くはないが、1年半前に新車が1000万円以上したことを考えると、なかなか……!拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ スイフト の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。