スズキは全10台の車両を出展 「ハスラー」や「ジムニー」のカスタマイズモデルも登場【東京オートサロン2020】

2019.12.26 自動車ニュース
スズキ・ハスラー ストリートベース
スズキ・ハスラー ストリートベース拡大

スズキは2019年12月26日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)の出展概要を発表した。

ジムニーシエラ マリンスタイル
ジムニーシエラ マリンスタイル拡大
スイフトスポーツ カタナエディション
スイフトスポーツ カタナエディション拡大

今回、スズキは参考出品車3台を含む全10台の車両を出展。新型「ハスラー」をベースに、ストリートスポーツをモチーフにカスタマイズを施した「ハスラー ストリートベース」や、マリンレジャー向けの改良を加えた「ジムニーシエラ マリンスタイル」、大型ロードスポーツバイク「KATANA(カタナ)」のイメージを取り入れた「スイフトスポーツ カタナエディション」などを展示するとしている。

各車両の詳細は以下の通り。

【ハスラー ストリートベース】
街中でBMXやスケートボード、ダンスなどのストリートスポーツを楽しむ若者の、“遊びの基地”となるコンセプトモデルを提案。外装はコンテナをイメージしたマットカラーで、内装ではスピーカーとイルミネーションにより、ライブ会場のような“音楽と光の世界”を表現している。

【ジムニーシエラ マリンスタイル】
洗練された大人のマリンレジャーをイメージ。外装には釣り竿(ざお)を収納できるロッドケースを備え、内装にはウエットスーツの素材を用いるなど、実用性と大人のおしゃれを兼ね備えたカスタマイズを施している。優れた走行性能を持つ小型艇「S17」と一緒に展示。

【スイフトスポーツ カタナエディション】
大型二輪車KATANAの力強さと美しさを四輪車で表現。外装ではワイド化して迫力を増したフェンダーにより、グラマラスなシルエットを強調。内装では、熱を帯びたマフラーを思わせるグラデーションチタンでインストゥルメントパネルなどを装飾し、力強さと美しさをプラスしている。KATANAのカラーとリンクする、内外装の赤いアクセントも特徴。KATANAと一緒に展示される。

これらの参考出品車の他にも、以下7台の市販車の展示を予定している。

  • ハスラー(2台)
  • ジムニー
  • スペーシア カスタム
  • アルトワークス
  • スイフトスポーツ
  • クロスビー

(webCG)

関連キーワード:
スズキ, モーターショー, 東京オートサロン2020, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事