「ベントレー・ミュルザンヌ」の最終モデルが登場 伝統の「6 3/4リッター」V8エンジンも60年の歴史に幕

2020.01.16 自動車ニュース
ベントレー・ミュルザンヌ6.75エディションbyマリナー
ベントレー・ミュルザンヌ6.75エディションbyマリナー拡大

英ベントレーは2020年1月14日(現地時間)、フラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」の生産終了を明らかにし、同時に世界限定30台となる最終モデル「6.75エディションbyマリナー」を発表した。

「ミュルザンヌ6.75エディションbyマリナー」は、0-100km/h加速4.9秒、最高速305km/hを誇る「ミュルザンヌ スピード」がベース。専用カラーの21インチホイールや「EDITION 6.75」と表記されたエンブレムなどが採用されている。
「ミュルザンヌ6.75エディションbyマリナー」は、0-100km/h加速4.9秒、最高速305km/hを誇る「ミュルザンヌ スピード」がベース。専用カラーの21インチホイールや「EDITION 6.75」と表記されたエンブレムなどが採用されている。拡大
フロントに搭載される最高出力537PS、最大トルク1100N・mを発生する6.75リッターV8ツインターボエンジン。「ミュルザンヌ」の生産終了とともに、このエンジンも60年の歴史に幕が下ろされる。
フロントに搭載される最高出力537PS、最大トルク1100N・mを発生する6.75リッターV8ツインターボエンジン。「ミュルザンヌ」の生産終了とともに、このエンジンも60年の歴史に幕が下ろされる。拡大
センターコンソールとリアキャビンコンソールのウッドパネルにはシルバーのペイントが施される。
センターコンソールとリアキャビンコンソールのウッドパネルにはシルバーのペイントが施される。拡大
センターコンソールに配置された「6.75エディションbyマリナー」を示すエンブレム。
センターコンソールに配置された「6.75エディションbyマリナー」を示すエンブレム。拡大

ミュルザンヌ6.75エディションbyマリナーは最高出力537PS、最大トルク1100N・mを発生する6.75リッターV8ツインターボエンジンを搭載。同エンジンは2020年で60周年を迎える、現在生産されているV8エンジンで最長寿となるもの。英国車をよく知る好事家が「6 3/4リッター」と呼ぶベントレー伝統のパワーユニットである。

エクステリアでは、通常クロームなどの光沢仕上げとなるパーツがグロスブラックに変更されたほか、ヘッドライトとテールランプはブライトクロームに、ボンネット先端の「フライングB」と呼ばれるマスコットやラジエーターグリル、エキゾーストフィニッシャーがダークティント仕上げに変更されている。5本スポークの専用21インチホイールは、ブライトマシニング仕上げとグロスブラックのコンビネーションタイプとなる。「EDITION 6.75」のエンブレムも、左右フェンダーに取り付けられている。

通常はシルバーとなるエンジン中央のインテークマニホールドがブラックに変わり、エンジンを組み立てた職人の署名が入るエンジンナンバープレートは、今回ベントレー モータース会長兼CEOであるエイドリアン・ホールマーク氏の署名に変更された。

インテリアではエアベント操作ノブが「B」マークの入ったエンジンオイルキャップ仕様となり、各シートにはピストンとシリンダーをモチーフに「EDITION 6.75」とデザインされたエンブレムの刺しゅうが施されている。ドア開口時の「ウエルカムライト」にもエンブレムデザインが用いられている。インパネ中央部分に設置されている時計と計器の盤面には、エンジン断面図のイラストがデザインされ、特別感を演出している。

ベントレーでは、2023年までに全モデルにハイブリッドパワートレインを導入する予定。ミュルザンヌの生産終了後は、「フライングスパー」がベントレーのフラッグシップモデルとなる。

(webCG)

関連キーワード:
ミュルザンヌ, ベントレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.12 試乗記 最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。
ホームへ戻る