日産が「エクストレイル」の先進安全装備を強化 レザーシートの新グレードも登場

2020.01.16 自動車ニュース
日産エクストレイル20Xi
日産エクストレイル20Xi拡大

日産自動車は2020年1月16日、ミドルサイズSUV「エクストレイル」に一部改良を実施し、同年1月23日に発売すると発表した。

「エクストレイル20Xiレザーエディション」のインストゥルメントパネルまわり。
「エクストレイル20Xiレザーエディション」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「エクストレイル20Xiレザーエディション」のシート。
「エクストレイル20Xiレザーエディション」のシート。拡大
エクストレイルAUTECHハイブリッドiパッケージ
エクストレイルAUTECHハイブリッドiパッケージ拡大
ザックス製のショックアブソーバー。
ザックス製のショックアブソーバー。拡大

今回の改良では、運転支援システムのセンサーに新たにミリ波レーダーを採用。これにより、自動緊急ブレーキ「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」の夜間における認識性能が向上したほか、操舵支援機能付きアダプティブクルーズコントロール「プロパイロット」の性能も向上しているという。

また自車の2台前を走行する車両の挙動を検知し、急な減速などによって回避操作が必要と判断した場合に、警報を発してドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を、新たに全車標準装備とした。

このほかにも、遮音性の改善や静音タイヤの採用などを通して、車内の静粛性を向上。また新グレードとして、シートなどの内装にレザーを用いた「20Xiレザーエディション」「20Xiハイブリッド レザーエディション」を設定した。

オーテックの手になる純正カスタマイズモデル「AUTECH」シリーズについても改良を実施しており、ザックス製のショックアブソーバーを含む専用サスペンションを全車標準装備とした。

価格は248万2700円から400万円9500円。

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる? 2020.6.29 デイリーコラム 北米で「日産ローグ」の新型がお披露目された。日本ではあまりなじみのないローグだが、それもそのはず先代モデルからは「エクストレイル」の姉妹車となっているのだ。デビュー間近と思われる次期型エクストレイルの姿を読み解く。
  • 日産エクストレイルAUTECH iパッケージ(2列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2020.4.22 試乗記 オーテックジャパンの手になる、「日産エクストレイル」の純正カスタマイズモデル「エクストレイルAUTECH」。新たにザックス製のダンパーが装着された最新モデルの出来栄えを、デビューから6年を経たエクストレイルの進化とともにリポートする。
ホームへ戻る