日産が「エクストレイル」の先進安全装備を強化 レザーシートの新グレードも登場

2020.01.16 自動車ニュース
日産エクストレイル20Xi
日産エクストレイル20Xi拡大

日産自動車は2020年1月16日、ミドルサイズSUV「エクストレイル」に一部改良を実施し、同年1月23日に発売すると発表した。

「エクストレイル20Xiレザーエディション」のインストゥルメントパネルまわり。
「エクストレイル20Xiレザーエディション」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「エクストレイル20Xiレザーエディション」のシート。
「エクストレイル20Xiレザーエディション」のシート。拡大
エクストレイルAUTECHハイブリッドiパッケージ
エクストレイルAUTECHハイブリッドiパッケージ拡大
ザックス製のショックアブソーバー。
ザックス製のショックアブソーバー。拡大

今回の改良では、運転支援システムのセンサーに新たにミリ波レーダーを採用。これにより、自動緊急ブレーキ「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」の夜間における認識性能が向上したほか、操舵支援機能付きアダプティブクルーズコントロール「プロパイロット」の性能も向上しているという。

また自車の2台前を走行する車両の挙動を検知し、急な減速などによって回避操作が必要と判断した場合に、警報を発してドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を、新たに全車標準装備とした。

このほかにも、遮音性の改善や静音タイヤの採用などを通して、車内の静粛性を向上。また新グレードとして、シートなどの内装にレザーを用いた「20Xiレザーエディション」「20Xiハイブリッド レザーエディション」を設定した。

オーテックの手になる純正カスタマイズモデル「AUTECH」シリーズについても改良を実施しており、ザックス製のショックアブソーバーを含む専用サスペンションを全車標準装備とした。

価格は248万2700円から400万円9500円。

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース