完全自動運転を実現に導く!? カーナビの地図技術最前線

2020.02.19 デイリーコラム

不確定要素を極力排除

自動運転レベル3が今年お目見えするのではないかといわれている。レベル3は基本的にドライバーではなく自動運転システム側が運転を担うが、「運行設計領域(ODD:operational design domain)」は自動車専用道路(自専道)に設定されるだろう。ODDとは自動運転システムが正常に作動する前提となる設計上の走行環境に係る特有の条件、つまり自動運転システムの使用条件のこと。例えば、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストは自動車専用道路に、パーキング支援は駐車場内に、それぞれ限定されている。

ODDを設ける理由は、ざっくり言えば、不確定要素を極力排除するためだ。自専道ではほぼ同じ速度で車両が走行し続けているが、一般道には歩行者だけでなく、自転車や車いすなど多様なモビリティーが共存する。信号無視や急な飛び出し、路上駐車などもある。ゴルフカートのように走行ルートも走行環境も決まっていれば自動化しやすいが、オーナーカーでそれは無理。技術開発のゴールを完全自動運転に据えつつも、当面はODD付きで新技術を導入していくことになる。

なぜ自専道なのか? 先に述べたとおり不確定要素が少ないからなのだが、それゆえに自専道は以前から自動運転に適した場に位置付けられ、一般道に先駆けてダイナミックマップ基盤の「高精度3次元地図(HDマップ)」が作成されているのだ。

自動運転レベルの概念図。レベル3では特定の条件(自動車専用道路など)において、運転の主体が自動運転システム側に切り替わる。
自動運転レベルの概念図。レベル3では特定の条件(自動車専用道路など)において、運転の主体が自動運転システム側に切り替わる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事