ハスクバーナが250ccクラスのニューモデル「スヴァルトピレン250」を日本に導入

2020.02.19 自動車ニュース
ハスクバーナ・スヴァルトピレン250
ハスクバーナ・スヴァルトピレン250拡大

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは2020年2月18日、ニューモデル「スヴァルトピレン250」および、「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン701」「スヴァルトピレン401」の2020年モデルを発表した。

スヴァルトピレン250
スヴァルトピレン250拡大
スヴァルトピレン401
スヴァルトピレン401拡大
スヴァルトピレン701
スヴァルトピレン701拡大
ヴィットピレン401
ヴィットピレン401拡大
ヴィットピレン701
ヴィットピレン701拡大

ニューモデルのスヴァルトピレン250は、ハスクバーナならではのスタイリッシュなデザインの車体に250ccクラスのエンジンを搭載した、スクランブラータイプの軽二輪モデルである。

エンジンは排気量248.8ccの4ストローク水冷単気筒DOHC 4バルブで、最高出力31PS/9000rpm、最大トルク24N・m/7250rpmを発生。車体には軽量コンパクトなスチール製トレリスフレームを用いており、WP製のサスペンションとの組み合わせにより、レスポンスのいいハンドリングを実現しているという。

また、LED式のヘッドランプ/テールランプや最新のボッシュ製ABSを備えるなど、装備も充実。タイヤサイズは前が110/70R17、後ろが150/60R17で、他の上級モデルとは異なり、キャストホイールが組み合わされている。

ハスクバーナの2020年モデルのラインナップについては、同車の新規採用に加えて既存のモデルもグラフィックやトリム、カラーなどを刷新。発売時期はスヴァルトピレン701のみが未定で、その他のモデルはいずれも2020年4月の予定となっている。

価格は以下の通り。

  • スヴァルトピレン250:59万9000円
  • スヴァルトピレン401:69万5000円
  • スヴァルトピレン701:127万5000円
  • ヴィットピレン401:68万円
  • ヴィットピレン701:125万8000円

(webCG)

関連キーワード:
スヴァルトピレン250, スヴァルトピレン401, スヴァルトピレン701, ヴィットピレン401, ヴィットピレン701, ハスクバーナ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハスクバーナ新型3モデル メディア披露会の会場から 2018.3.14 画像・写真 いよいよ日本導入が秒読み段階となった、北欧のバイクメーカー、ハスクバーナの最新モデル「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」の姿を、メディアローンチの会場より、写真で紹介する。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン701スタイル(MR/6MT)【レビュー】 2019.12.27 試乗記 ハスクバーナのクールなネイキッドバイク「スヴァルトピレン701」に、その個性を一段と強めた特別仕様車が登場。興味津々でむちを当てた筆者は、予想以上に元気でユニークな乗り味に驚かされたのだった。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2019.9.2 試乗記 スウェーデン発祥のバイクメーカー ハスクバーナから、ニューモデル「スヴァルトピレン701」が登場。スリムで軽量なボディーに、パワフルな693ccの水冷単気筒エンジンを搭載したロードモデルは、とにもかくにも走りが楽しいマシンに仕上がっていた。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2019.3.9 試乗記 魅力はデザインだけじゃない。ハスクバーナのユニークなスクランブラー「スヴァルトピレン401」は、スムーズかつ鋭い吹け上がりのシングルエンジンと、ちょっとクセのあるライドフィールにより、「操る楽しさ」を求めるライダーにうってつけの一台となっていた。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2018.7.24 試乗記 スウェーデンのバイクブランド、ハスクバーナから、待望のロードモデル「ヴィットピレン401」がデビュー。他のどんなバイクにも似ていない北欧の“白い矢(VITPILEN)”は、欠点を探すのが難しいほどに完成度の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る