「モト・グッツィV7 IIIレーサー」に誕生10周年記念モデル「10thアニバーサリー」が登場

2020.03.30 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2020年3月27日、カフェレーサースタイルの大型二輪モデル「モト・グッツィV7 IIIレーサー10thアニバーサリー」の注文受け付けを開始した。納車開始は、同年5月中旬を予定している。

専用デザインでよりスポーティーかつレーシーに

「V7」シリーズは、空冷Vツインエンジンを縦置きで搭載するモト・グッツィの主力モデルである。「V7レーサー」は同シリーズのカフェレーサーモデルとして2010年に登場。2015年に「V7 IIレーサー」、2017年にV7 IIIレーサーへと進化し、今日に続いている。

今回のV7 IIIレーサー10thアニバーサリーは、同車の誕生10周年を記念したモデルであり、赤色の専用グラフィックを施した新型のトップフェアリングや、同様のグラフィックが入った脱着式のシートカウル、赤ステッチ入りのシングル風シートを採用。ヘッドランプやテールランプ、ウインカーはいずれもLED式で、薄型のリアマッドガードや新型のバーエンドバックミラーも特徴となっている。

燃料タンクは“初代”にあたる2010年モデルのV7レーサーと同じクローム仕上げのスチール製で、上部にはクラシックなレザーストラップを採用。イタリア国旗をモチーフにした縁取りが施された「7」のゼッケンプレートや、セパレートハンドルバーとブラック仕上げのアルミニウム製ホイールリムに貼られた赤い「Moto Guzzi」のステッカー、ステアリングヨークに施された車名とナンバリングのグラフィックも、同車の特徴となっている。

このほかにも、車体には1971年製「V7スポーツ」の「telaio rosso」(赤いフレーム)をオマージュしたという赤いフレームやスイングアームを用いており、レーシーな雰囲気を盛り立てるべく切削加工のアルミニウム製バックステップや、丸く肉抜きされたトップブリッジガードを装着。サイドカバーやスロットルボディーカバーには、ブラックアルマイト加工を施したアルミニウム製パーツを使用している。

価格は137万5000円。

(webCG)

モト・グッツィV7 IIIレーサー10thアニバーサリー
モト・グッツィV7 IIIレーサー10thアニバーサリー拡大

関連キーワード:
V7, モト・グッツィ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • モト・グッツィV7スペシャル(6MT)【レビュー】 2021.5.29 試乗記 イタリアの名門、モト・グッツィのネイキッドバイク「V7」。新開発の850ccエンジンを得た最新型では、どんな走りが楽しめる? クラシカルな外観が特徴のグレード「V7スペシャル」で確かめた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る