「ミツオカ・ビュート/ビュートなでしこ」の特別仕様車「カフェラテ」限定発売

2020.04.16 自動車ニュース
ミツオカ・ビュート カフェラテ
ミツオカ・ビュート カフェラテ拡大

光岡自動車は2020年4月16日、コンパクトセダン「ビュート」およびハッチバック車「ビュートなでしこ」に特別仕様車「カフェラテ」をそれぞれ設定し、前者が35台の、後者が15台の台数限定で同年4月17日に発売すると発表した。

ボディーカラーは専用色の「カフェラテ」を採用。
ボディーカラーは専用色の「カフェラテ」を採用。拡大
ビュートなでしこ カフェラテ
ビュートなでしこ カフェラテ拡大
 
「ミツオカ・ビュート/ビュートなでしこ」の特別仕様車「カフェラテ」限定発売の画像拡大
 
「ミツオカ・ビュート/ビュートなでしこ」の特別仕様車「カフェラテ」限定発売の画像拡大
 
「ミツオカ・ビュート/ビュートなでしこ」の特別仕様車「カフェラテ」限定発売の画像拡大

ミツオカ・ビュート/ビュートなでしこは「日産マーチ」をベースに、光岡が独自の内外装に仕立てたカスタマイズドカーである。今回のカフェラテのデザインコンセプトは「ミルクたっぷりで甘く癒やされるカフェラテ」。ティータイムで癒やしのひと時を過ごし、豊かな時の流れを感じられるように仕立てられているというのが特徴だ。

ボディーカラーにはベージュ系の専用色「カフェラテ」を採用。専用エンブレムをフロントとリアにあしらったほか、足元にもクリーミーホワイトのカラードホイールを装備する。

インテリアでは、通常はオプションとなるクラシックインパネとレザーシート、カラードドアトリムを標準装備とし、専用色の木目調パネルと同系色のレザーでやさしい配色にコーディネート。運転席と助手席の背もたれには専用ロゴの刺しゅうを施している。

ラインナップと価格は以下の通り。
【ビュート】

  • 12ST:299万2000円(FF車)
  • 12STプレミアム:311万3000円(FF車)
  • 12DX:330万5500円(FF車)/346万5000円(4WD車)
  • 12LX:359万1500円(FF車)/373万4500円(4WD車)

【ビュートなでしこ】

  • 12ST:254万1000円(FF車)
  • 12STプレミアム:271万7000円(FF車)
  • 12DX:290万9500円(FF車)/306万9000円(4WD車)
  • 12LX:319万5500円(FF車)/333万8500円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
ビュート, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ビュート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 2012.5.25 画像・写真 2012年5月24日に発売された新型「ミツオカ・ビュート」の姿を、写真で紹介する。
  • 光岡「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジ 2019.1.17 自動車ニュース 光岡自動車は2019年1月17日、コンパクトモデル「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジし、同年1月20日に発売すると発表した。今回のマイナーチェンジでは、人気の高かった外装色の標準化や、内装のメーカーオプション設定を見直している。
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る 2020.5.13 デイリーコラム トヨタが満を持して発表した「ヤリスクロス」。成長を続ける欧州コンパクトSUV市場を狙ったニューモデルの、ライバルにはないアドバンテージとは? 実施が差し迫るCO2規制の現状とともに、トヨタのグローバル戦略における、このクルマの重要性を解説する。
  • ミツオカ50周年の集大成、新型車「ロックスター」発売 2018.11.29 自動車ニュース 光岡自動車は2018年11月29日、同社の創業50周年を記念した新型車「Rock Star(ロックスター)」を発表した。200台の台数限定で、同年12月1日に注文受け付けを開始する。
ホームへ戻る