スズキから「Vストローム1050」登場 大排気量2気筒エンジンを搭載したアドベンチャーモデル

2020.04.16 自動車ニュース
スズキVストローム1050XT
スズキVストローム1050XT拡大

スズキは2020年4月16日、新型の大型二輪モデル「Vストローム1050」「Vストローム1050XT」を、同年4月24日に発売すると発表した。

「Vストローム1050XT」に設定される「ヘリテージスペシャル」(ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ)は、1988年のパリ-ダカールラリーに出場したマシン「DR-Z(ジータ)」をモチーフにしたものだ。
「Vストローム1050XT」に設定される「ヘリテージスペシャル」(ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ)は、1988年のパリ-ダカールラリーに出場したマシン「DR-Z(ジータ)」をモチーフにしたものだ。拡大
Vストローム1050XT(チャンピオンイエローNo.2)
Vストローム1050XT(チャンピオンイエローNo.2)拡大
Vストローム1050XT(グラススパークルブラック)
Vストローム1050XT(グラススパークルブラック)拡大
Vストローム1050(グラススパークルブラック)
Vストローム1050(グラススパークルブラック)拡大
Vストローム1050(グラススパークルブラック/ソリッドアイアングレー)
Vストローム1050(グラススパークルブラック/ソリッドアイアングレー)拡大
Vストローム1050(グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト)
Vストローム1050(グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト)拡大

エンジンの改良とハイテク化でライダーの要望に応える

スズキの「Vストローム」シリーズは、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングを快適に楽しめるスポーツアドベンチャーツアラーである。

今回のVストローム1050/1050XTは、2014年に登場した「Vストローム1000/1000XT」に代わる、同シリーズの新しいフラッグシップモデルにあたる。「The Master of Adventure(冒険の達人)」を開発コンセプトに、「どこまでも走りたい」「山岳路でも自由にマシンを扱いたい」というライダーの願いをかなえるべく、長距離ツーリングをより快適に楽しめるようエンジンを改良し、電子制御システムや装備の充実を図ったという。

エンジンは低中速域での力強さと扱いやすさを特徴とする、排気量1036ccの水冷4ストロークV型2気筒DOHC 4バルブ(1気筒あたり)で、電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの最適化により、従来モデルを7PS上回る106PS(78kW)/8000rpmの最高出力と、100N・m(102kgf・m)/4000rpmの最大トルクを発生。環境負荷の低減にも配慮しており、2020年12月より導入される「令和2年排出ガス規制」に対応しているほか、29.2km/リッターという燃費性能を実現している(国土交通省届出値:定地燃費値<60km/h>2名乗車時)。

また、エンジンの出力特性を3つのモードから選択できる「SDMS(スズキドライブモードセレクター)」や、走行への介入度合いを3段階で調整できるトラクションコントロールなどからなる電子制御システム「S.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)」を新採用。長距離ツーリングに求められる使い勝手や利便性を向上させたという。

さらに上級モデルのVストローム1050XTには、これが初採用となるクルーズコントロールや、ヒルホールドコントロール、荷重や下り坂に応じてブレーキを制御するロードディペンデントコントロールおよびスロープディペンデントコントロールを搭載。ワイヤースポークホイールやナックルカバーに加え、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド、シート高調整機能、LED式ターンシグナルランプ、12Vアクセサリーソケットも標準装備している。

往年のラリーマシンをモチーフにしたカラーリングも

デザインは他のVストロームシリーズと共通性を持たせたもので、1988年に発売されたスズキ初のアドベンチャーバイク「DR750S」をモチーフとしつつ、それを現代風にアレンジ。高さの調整が可能なウインドスクリーンに加え、頑強なスタイルを演出する、テーパー形状のアルミ製ハンドルバーを標準装備している。

カラーリングは、Vストローム1050が「グラススパークルブラック」「グラススパークルブラック/ソリッドアイアングレー」「グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト」の3種類。Vストローム1050XTが「チャンピオンイエローNo.2」「グラススパークルブラック」、そして「ヘリテージスペシャル」と呼ばれる、パリ-ダカールラリー出場マシンをモチーフにした「ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ」の3種類となっている。

価格はVストローム1050が143万円、Vストローム1050XTが151万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
Vストローム1050, スズキ, バイク, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・カタナ 2019.5.24 画像・写真 19年のときを経て、最新の二輪技術とともに復活したスズキのネイキッドスポーツモデル「KATANA(カタナ)」。コンセプト然としたフォルムから、細部にいたるまで、随所に作り手のこだわりが込められたそのスタイリングを、写真で紹介する。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ホンダCB1300スーパーボルドールSP(6MT)【レビュー】 2021.9.8 試乗記 1.3リッターもの排気量を持つ大型4気筒エンジンを搭載した「ホンダCB1300」。排ガス規制による危機を乗り越え、“CB”のフラッグシップはどのようなバイクに進化を遂げたのか? ハーフカウルの「スーパーボルドール」で確かめた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY/マツダMX-30(後編)【試乗記】 2021.8.10 試乗記 群雄割拠のコンパクトSUVのなかから、まったくキャラクターの異なる「ホンダ・ヴェゼル」と「マツダMX-30」に試乗。これほどまでに個性の違うモデルがそろうコンパクトSUV市場は、いま最もクルマ選びが悩ましく、また面白いといえるだろう。
  • ヤマハ・トレーサー9 GT ABS(6MT)【レビュー】 2021.8.1 試乗記 ロングツーリングもスポーティーな走りも楽しめる、ヤマハのツアラーバイクがモデルチェンジ。名前も新たに「トレーサー9 GT」となった新型は、エンジン、車体、電子制御と、バイクを構成する全要素を刷新することで、従来モデルからの劇的な進化を果たしていた。
ホームへ戻る