三菱がミニバン「デリカD:5」にアウトドアレジャー向けの特別仕様車「ジャスパー」を設定

2020.04.16 自動車ニュース
三菱デリカD:5ジャスパー
三菱デリカD:5ジャスパー拡大

三菱自動車は2020年4月16日、ミニバン「デリカD:5」に特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を設定し、同日、販売を開始した。8人乗りの「G」グレードをベースに、専用ボディーカラーやアウトドアレジャー向けの装備が採用されている。

ヘラジカをモチーフとしたデカールがフロントフェンダーに付けられている。
ヘラジカをモチーフとしたデカールがフロントフェンダーに付けられている。拡大
撥水(はっすい)機能を付加したスエード調人工皮革「グランリュクス」のシートを採用。
撥水(はっすい)機能を付加したスエード調人工皮革「グランリュクス」のシートを採用。拡大
ディーラーオプション「ジャスパー コンプリートパッケージ」に含まれる「JASPER」ロゴ入りカーゴフェンス。
ディーラーオプション「ジャスパー コンプリートパッケージ」に含まれる「JASPER」ロゴ入りカーゴフェンス。拡大
「JASPER」のロゴ入りマッドフラップ。
「JASPER」のロゴ入りマッドフラップ。拡大
外装色は「エメラルドブラックパール/アイガーグレーメタリック」(写真左)と「ウォームホワイトパール/アイガーグレーメタリック」(写真右)のほか、「アイガーグレーメタリック/ブラックマイカ」という3タイプの設定になる。
外装色は「エメラルドブラックパール/アイガーグレーメタリック」(写真左)と「ウォームホワイトパール/アイガーグレーメタリック」(写真右)のほか、「アイガーグレーメタリック/ブラックマイカ」という3タイプの設定になる。拡大

ジャスパーは、歴代「デリカ」シリーズにも設定されてきた特別仕様車。車名はカナダのジャスパー国立公園が由来とされ、同時に鉱石の一種である碧玉(へきぎょく)も意味するといわれる。

今回は外装色に、歴代モデルと同様に広大な自然や碧玉を連想させるテーマカラーのグリーンを踏襲した「エメラルドブラックパール/アイガーグレーメタリック」(有料色)のほか、ジャスパー専用色となる「ウォームホワイトパール/アイガーグレーメタリック」(有料色)と、「アイガーグレーメタリック/ブラックマイカ」の3タイプが設定された。

フロントグリルとポジションランプガーニッシュは「アイガーグレーメタリック」塗装、アルミホイールはダーククローム調塗装で、「JASPER」のデカールがテールゲートに、広大な山並みやヘラジカを描いたというデカールがボディーサイドに付けられている。

インテリアでは、撥水(はっすい)機能を付加したスエード調人工皮革「グランリュクス」の生地やブラウンステッチ、心地よい手触りに加え滑りにくい立体的なボーダーキルティング形状が採用されたシートを装備。インストゥルメントパネルやドアトリムにもシートと同様のブラウンステッチがあしらわれ、統一感のあるインテリアになっていると三菱はアピールしている。デリカD:5ジャスパーの価格は410万0800円。

また、デリカD:5ジャスパーの登場に合わせ、同車専用のディーラーオプションとして、エンジンフードエンブレム(マットグレー)やロゴ入りメタルプレート付きのマッドフラップ、ロゴ入りカーゴフェンス、吸・遮音機能を有すロゴメタルエンブレム付きフロアマットの4点をセットにしたオリジナルアクセサリーセット「ジャスパー コンプリートパッケージ」も設定されている。価格は13万5740円(取り付け工賃込み)。

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る