最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場

2020.05.19 自動車ニュース
BMWアルピナXB7
BMWアルピナXB7拡大

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2020年5月19日、高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」の日本導入を発表。同日、予約受け付けを開始した。

 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大

新たな“スーパーSUV”

BMWアルピナXB7は、「BMW X7」をベースに開発されたアルピナのフラッグシップSUV。「アルピナならではのドライビングエクスペリエンスを提供する」とうたわれる。

搭載される4.4リッターV8ターボエンジンには、過給機や冷却システムに手を加えるなど独自のチューニングが施され、「BMW X7 xDrive50i」比で91PS増しの最高出力621PS、同50N・m増しの最大トルク800N・mを発生。トランスミッションは最新世代の「アルピナ・スウィッチ・トロニック」付き8段ATで、ステンレス製の「アルピナ・スポーツ・エグゾースト・システム」が奏でるV8サウンドも特徴のひとつとなっている。

全長5151mm、車重2655kgの巨体であるにもかかわらず、0-100km/h加速4.2秒、巡行最高速度290km/hというパフォーマンスを発揮。燃費についてはWLTPモードの欧州参考値で7.2km/リッターと公表される。

エアサスペンションで構成される足まわりもアルピナ独自の仕様で、走行モードや運転の状況により、±40mmの幅で車高調整が可能。後輪を最大2.3度操舵させるZF製「アクティブ・キネマティクス・コントロール・システム」も採用し、低速走行時のすぐれた取り回し性と高速走行時における安定性の両立が図られている。

そのほか、独自のチューニングを施した4WDシステムや、リアの電子制御LSD、アルピナ史上最大となる専用デザインの鍛造アルミ製23インチホイール(オプション。標準サイズは21インチ)、ピレリと共同開発した専用タイヤ「PゼロALP」なども走行性能を高める装備として挙げられている。

デザイン面では、アルピナロゴ入りのフロントエプロンやディフューザー付きのリアエプロンなどにより、空力性能を高めつつ存在感をアピール。3列シートが標準装備となるインテリアについても、アルピナエンブレムをあしらったクリスタルフィニッシュの iDrive コントローラーや、「ミルテ」と名付けられたウッドトリムなど独自のドレスアップが施されているほか、オプションでラヴァリナレザー仕立てのシートが用意される。

BMWアルピナXB7の価格は2498万円。生産は2020年8月に始まる予定で、日本への導入時期は2021年春が見込まれている。

(webCG)
 

関連キーワード:
XB7, BMWアルピナ, 自動車ニュース

BMWアルピナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピナは新型のハイパフォーマンスSUVに注目【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.25 自動車ニュース サルーンにクーペ、SUVと、さまざまな高性能モデルをラインナップするアルピナ。コロナ騒動一色だった2020年は、同社にとってどんな年だったのか。また2021年の見通しはどうか? 日本のインポーターであるニコル・オートモビルズに聞いた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • BMWアルピナXD4(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.3 試乗記 流麗なクーペフォルムが特徴の「BMWアルピナXD4」に試乗。最高出力388PS、最大トルク770N・mを誇る3リッター直6ディーゼル「クワッドターボ」エンジンの実力と、低重心化された足まわりの仕上がりを確認した。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
ホームへ戻る