最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場

2020.05.19 自動車ニュース
BMWアルピナXB7
BMWアルピナXB7拡大

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2020年5月19日、高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」の日本導入を発表。同日、予約受け付けを開始した。

 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大

新たな“スーパーSUV”

BMWアルピナXB7は、「BMW X7」をベースに開発されたアルピナのフラッグシップSUV。「アルピナならではのドライビングエクスペリエンスを提供する」とうたわれる。

搭載される4.4リッターV8ターボエンジンには、過給機や冷却システムに手を加えるなど独自のチューニングが施され、「BMW X7 xDrive50i」比で91PS増しの最高出力621PS、同50N・m増しの最大トルク800N・mを発生。トランスミッションは最新世代の「アルピナ・スウィッチ・トロニック」付き8段ATで、ステンレス製の「アルピナ・スポーツ・エグゾースト・システム」が奏でるV8サウンドも特徴のひとつとなっている。

全長5151mm、車重2655kgの巨体であるにもかかわらず、0-100km/h加速4.2秒、巡行最高速度290km/hというパフォーマンスを発揮。燃費についてはWLTPモードの欧州参考値で7.2km/リッターと公表される。

エアサスペンションで構成される足まわりもアルピナ独自の仕様で、走行モードや運転の状況により、±40mmの幅で車高調整が可能。後輪を最大2.3度操舵させるZF製「アクティブ・キネマティクス・コントロール・システム」も採用し、低速走行時のすぐれた取り回し性と高速走行時における安定性の両立が図られている。

そのほか、独自のチューニングを施した4WDシステムや、リアの電子制御LSD、アルピナ史上最大となる専用デザインの鍛造アルミ製23インチホイール(オプション。標準サイズは21インチ)、ピレリと共同開発した専用タイヤ「PゼロALP」なども走行性能を高める装備として挙げられている。

デザイン面では、アルピナロゴ入りのフロントエプロンやディフューザー付きのリアエプロンなどにより、空力性能を高めつつ存在感をアピール。3列シートが標準装備となるインテリアについても、アルピナエンブレムをあしらったクリスタルフィニッシュの iDrive コントローラーや、「ミルテ」と名付けられたウッドトリムなど独自のドレスアップが施されているほか、オプションでラヴァリナレザー仕立てのシートが用意される。

BMWアルピナXB7の価格は2498万円。生産は2020年8月に始まる予定で、日本への導入時期は2021年春が見込まれている。

(webCG)
 

関連キーワード:
XB7, BMWアルピナ, 自動車ニュース

BMWアルピナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
ホームへ戻る