最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場

2020.05.19 自動車ニュース
BMWアルピナXB7
BMWアルピナXB7拡大

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2020年5月19日、高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」の日本導入を発表。同日、予約受け付けを開始した。

 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大
 
最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場の画像拡大

新たな“スーパーSUV”

BMWアルピナXB7は、「BMW X7」をベースに開発されたアルピナのフラッグシップSUV。「アルピナならではのドライビングエクスペリエンスを提供する」とうたわれる。

搭載される4.4リッターV8ターボエンジンには、過給機や冷却システムに手を加えるなど独自のチューニングが施され、「BMW X7 xDrive50i」比で91PS増しの最高出力621PS、同50N・m増しの最大トルク800N・mを発生。トランスミッションは最新世代の「アルピナ・スウィッチ・トロニック」付き8段ATで、ステンレス製の「アルピナ・スポーツ・エグゾースト・システム」が奏でるV8サウンドも特徴のひとつとなっている。

全長5151mm、車重2655kgの巨体であるにもかかわらず、0-100km/h加速4.2秒、巡行最高速度290km/hというパフォーマンスを発揮。燃費についてはWLTPモードの欧州参考値で7.2km/リッターと公表される。

エアサスペンションで構成される足まわりもアルピナ独自の仕様で、走行モードや運転の状況により、±40mmの幅で車高調整が可能。後輪を最大2.3度操舵させるZF製「アクティブ・キネマティクス・コントロール・システム」も採用し、低速走行時のすぐれた取り回し性と高速走行時における安定性の両立が図られている。

そのほか、独自のチューニングを施した4WDシステムや、リアの電子制御LSD、アルピナ史上最大となる専用デザインの鍛造アルミ製23インチホイール(オプション。標準サイズは21インチ)、ピレリと共同開発した専用タイヤ「PゼロALP」なども走行性能を高める装備として挙げられている。

デザイン面では、アルピナロゴ入りのフロントエプロンやディフューザー付きのリアエプロンなどにより、空力性能を高めつつ存在感をアピール。3列シートが標準装備となるインテリアについても、アルピナエンブレムをあしらったクリスタルフィニッシュの iDrive コントローラーや、「ミルテ」と名付けられたウッドトリムなど独自のドレスアップが施されているほか、オプションでラヴァリナレザー仕立てのシートが用意される。

BMWアルピナXB7の価格は2498万円。生産は2020年8月に始まる予定で、日本への導入時期は2021年春が見込まれている。

(webCG)
 

関連キーワード:
XB7, BMWアルピナ, 自動車ニュース

BMWアルピナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピナがニューモデル「D3 S」を発表 最高出力355PSの高性能ディーゼルモデル 2020.5.11 自動車ニュース ニコル・オートモビルズが「BMWアルピナD3 S」の日本導入を発表。最高出力355PSの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載した高性能スポーツモデルで、アルピナ初のマイルドハイブリッド機構の採用により、高効率な走りも追求されている。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表 2020.5.18 自動車ニュース 独ポルシェは2020年5月18日(現地時間)、「911タルガ4」および「911タルガ4S」の新型を発表した。サイドまで回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラーを残したままでソフトトップが開くオープントップボディーが特徴となっている。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る