「ジープ・ラングラー」に電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を装備した限定モデルが再登場

2020.05.21 自動車ニュース
ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ
ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ拡大

FCAジャパンは2020年5月21日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を装備した限定モデルを設定し、同年6月6日に発売すると発表した。

「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ」の外装色は3種類の設定。「パンプキンメタリックC/C」(写真)が限定100台、最新型のラングラーで初採用の「サージグリーン」が同150台、「ブラックC/C」が同50台の計300台が販売される。
「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ」の外装色は3種類の設定。「パンプキンメタリックC/C」(写真)が限定100台、最新型のラングラーで初採用の「サージグリーン」が同150台、「ブラックC/C」が同50台の計300台が販売される。拡大
リアクオーターウィンドウは脱着式。取り外した部分は、専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できる。
リアクオーターウィンドウは脱着式。取り外した部分は、専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できる。拡大
装備はベース車の「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L」に準じており、LEDヘッドアンプ(写真)や18インチアルミホイールなどが備わる。
装備はベース車の「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L」に準じており、LEDヘッドアンプ(写真)や18インチアルミホイールなどが備わる。拡大

今回の限定モデル「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ」は、最高出力272PSの2リッター直4ターボエンジンを搭載するラングラー アンリミテッド サハラ2.0Lがベース。北米仕様車でオプションとなるスカイワンタッチパワートップを装備したモデルとしては、2019年6月に導入された「ラングラー アンリミテッド ルビコン スカイワンタッチパワートップ」に続くものである。

電動ルーフは、スイッチ操作ひとつでトップが蛇腹状に折り畳まれるタイプで、サンルーフのように前席頭上のみを開けることも可能だ。開閉それぞれに要する時間は約20秒。走行中でも約96km/h以下であれば操作できる。リアクオーターウィンドウは脱着式で、取り外した部分は専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できるようになっており、スカイワンタッチパワートップと併せて使用することで、より大きな開放感が得られるという。

その他の装備はベース車に準じており、LEDヘッドランプや18インチアルミホイール、8.4インチタッチパネルモニター付きオーディオナビゲーションシステム、ヒーテッドステアリングホイール、レザーシート(フロントシートヒーター付き)などが備わっている。

販売される車両の外装色と台数は、最新型のラングラーで初採用となる「サージグリーン」が限定150台、「パンプキンメタリックC/C」が同100台、「ブラックC/C」が同50台の計300台。価格はいずれも620万円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸 2021.6.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年6月15日、新型「ゴルフ」の国内導入を発表し、同日より販売を開始した。8代目となる新型では装備のデジタル化とパワートレインの電動化を進めたほか、ドライバーアシスタンスシステムの強化を図っている。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る