「ジープ・ラングラー」に電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を装備した限定モデルが再登場

2020.05.21 自動車ニュース
ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ
ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ拡大

FCAジャパンは2020年5月21日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を装備した限定モデルを設定し、同年6月6日に発売すると発表した。

「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ」の外装色は3種類の設定。「パンプキンメタリックC/C」(写真)が限定100台、最新型のラングラーで初採用の「サージグリーン」が同150台、「ブラックC/C」が同50台の計300台が販売される。
「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ」の外装色は3種類の設定。「パンプキンメタリックC/C」(写真)が限定100台、最新型のラングラーで初採用の「サージグリーン」が同150台、「ブラックC/C」が同50台の計300台が販売される。拡大
リアクオーターウィンドウは脱着式。取り外した部分は、専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できる。
リアクオーターウィンドウは脱着式。取り外した部分は、専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できる。拡大
装備はベース車の「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L」に準じており、LEDヘッドアンプ(写真)や18インチアルミホイールなどが備わる。
装備はベース車の「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L」に準じており、LEDヘッドアンプ(写真)や18インチアルミホイールなどが備わる。拡大

今回の限定モデル「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ」は、最高出力272PSの2リッター直4ターボエンジンを搭載するラングラー アンリミテッド サハラ2.0Lがベース。北米仕様車でオプションとなるスカイワンタッチパワートップを装備したモデルとしては、2019年6月に導入された「ラングラー アンリミテッド ルビコン スカイワンタッチパワートップ」に続くものである。

電動ルーフは、スイッチ操作ひとつでトップが蛇腹状に折り畳まれるタイプで、サンルーフのように前席頭上のみを開けることも可能だ。開閉それぞれに要する時間は約20秒。走行中でも約96km/h以下であれば操作できる。リアクオーターウィンドウは脱着式で、取り外した部分は専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できるようになっており、スカイワンタッチパワートップと併せて使用することで、より大きな開放感が得られるという。

その他の装備はベース車に準じており、LEDヘッドランプや18インチアルミホイール、8.4インチタッチパネルモニター付きオーディオナビゲーションシステム、ヒーテッドステアリングホイール、レザーシート(フロントシートヒーター付き)などが備わっている。

販売される車両の外装色と台数は、最新型のラングラーで初採用となる「サージグリーン」が限定150台、「パンプキンメタリックC/C」が同100台、「ブラックC/C」が同50台の計300台。価格はいずれも620万円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る