トヨタが「シエンタ」を一部改良 2列シート車の新グレードも設定

2020.06.02 自動車ニュース
「トヨタ・シエンタ ファンベースGクエロ」。ボディーカラーは新たに設定された「ブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリック」のツートン。
「トヨタ・シエンタ ファンベースGクエロ」。ボディーカラーは新たに設定された「ブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリック」のツートン。拡大

トヨタ自動車は2020年6月2日、ミニバン「シエンタ」を一部改良するとともに、新グレード「ファンベースGクエロ」を追加設定し、販売を開始した。

モノトーンのボディーカラーは「アバンギャルドブロンズメタリック」(写真)を加えた全11色。
モノトーンのボディーカラーは「アバンギャルドブロンズメタリック」(写真)を加えた全11色。拡大
「ファンベースGクエロ」のダッシュボード。
「ファンベースGクエロ」のダッシュボード。拡大
「ファンベースGクエロ」のシートレイアウト。
「ファンベースGクエロ」のシートレイアウト。拡大

今回の改良では「G」「ファンベースG」グレードのヘッドランプをLED化。さらに、スマートエントリー&プッシュスタートシステムに、スライドドアに近づくだけで自動的にオープンするウエルカムパワースライドドア機能を追加したほか、ハイブリッド車にはアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)をオプション設定した。

ボディーカラーは新たに「アバンギャルドブロンズメタリック」を加えたモノトーン11色と、「ブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリック」を加えたツートン6タイプの設定とした。

今回設定されたファンベースGクエロは、2列シート車の「ファンベースG」に3列シート車の上位グレード「Gクエロ」と同様の装備を加えたグレードだ。LEDランプパッケージやインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、合成皮革×スエード調(ダブルステッチ付き)表皮のシートを標準装備する。

トヨタ・シエンタのラインナップと価格は以下の通り。
【ガソリン車】

  • ファンベースX:180万9500円(FF車・5人乗り)
  • ファンベースG:205万7000円(FF車・5人乗り)
  • ファンベースGクエロ:217万3000円(FF車・5人乗り)
  • X:185万0200円(FF車・7人乗り)/199万4300円(4WD車・6人乗り)
  • G:209万8000円(FF車・7人乗り)/224万2000円(4WD車・6人乗り)
  • Gクエロ:221万4000円(FF車・7人乗り)/235万8000円(4WD車・6人乗り)

【ハイブリッド車】

  • ファンベースX:222万7500円(FF車・5人乗り)
  • ファンベースG:242万3000円(FF車・5人乗り)
  • ファンベースGクエロ:253万9000円(FF車・5人乗り)
  • X:226万8200円(FF車・7人乗り)
  • G:246万4000円(FF車・7人乗り)
  • Gクエロ:258万円(FF車・7人乗り)

(webCG)

関連キーワード:
シエンタ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ シエンタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • トヨタが「RAV4 PHV」を発表 95kmのモーター走行が可能なプラグインハイブリッドモデル 2020.6.4 自動車ニュース トヨタが「RAV4」をベースとしたプラグインハイブリッド車「RAV4 PHV」を発表した。総電力量18.1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載することで、最大95kmというEV走行距離を実現。優れた加速性能や高い操縦安定性など、「走る楽しさ」も追求されている。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る