ケータハムが「スーパーセブン1600」を発売 クラシックな装いが特徴のニューモデル

2020.06.05 自動車ニュース
ケータハム・スーパーセブン1600
ケータハム・スーパーセブン1600拡大

ケータハムカーズ・ジャパンは2020年6月5日、クラシックなスタイリングが特徴の新型車「スーパーセブン1600」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

 
ケータハムが「スーパーセブン1600」を発売 クラシックな装いが特徴のニューモデルの画像拡大
 
ケータハムが「スーパーセブン1600」を発売 クラシックな装いが特徴のニューモデルの画像拡大
 
ケータハムが「スーパーセブン1600」を発売 クラシックな装いが特徴のニューモデルの画像拡大
 
ケータハムが「スーパーセブン1600」を発売 クラシックな装いが特徴のニューモデルの画像拡大

スーパーセブン1600は、ケータハムが以前販売していたヘリテージモデルの成功を受けて企画したニューモデルであり、2020年4月9日に英本国で発表された。

ベースとなるのは最高出力135PS、最大トルク165N・mを発生するフォードの「シグマ」エンジン(1.6リッター直4)を搭載した「270S」で、シャシーにはシリーズ3(ナローボディー)に加え、よりワイドで快適なシリーズ5(ワイドボディー)も用意される。

内外装は2016 年と 2017 年に限定発売された「セブン スプリント」「スーパーセブン スプリント」に通じる意匠が特徴で、エクステリアにはフレアードフロントウイング(クラムシェルフェンダー)や14インチCLASSICアロイホイール、スペアホイール&キャリア、ヘリテージペイントフィニッシュなどを採用。インテリアはレザー張りで、クラシックなウッドリムのステアリングホイールを装備している。

価格は621万5000円で、ワイドボディーは60万5000円の有償オプションとして用意。過去のヘリテージモデルとは異なり、生産台数や受注期間に限定のない、カタログモデルとして販売される。

(webCG)

関連キーワード:
セブン, ケータハム, 自動車ニュース