「ジープ・ラングラー」にソフトトップ採用の限定モデル「ブラック&タン」が登場

2020.06.23 自動車ニュース
ジープ・ラングラー アンリミテッド ブラック&タン
ジープ・ラングラー アンリミテッド ブラック&タン拡大

FCAジャパンは2020年6月23日、ジープのクロスカントリー2ドアモデル「ラングラー」と同4ドアモデル「ラングラー アンリミテッド」にソフトトップを採用した限定車「Black&Tan(ブラック&タン)」を設定し、同年7月4日に発売すると発表した。

ジープ・ラングラー ブラック&タン
ジープ・ラングラー ブラック&タン拡大
ブラックのボディーにタン色のソフトトップが組み合わされる。ソフトトップの採用は現行モデルで初となる。
ブラックのボディーにタン色のソフトトップが組み合わされる。ソフトトップの採用は現行モデルで初となる。拡大
インストゥルメントパネルはブラック仕上げ。
インストゥルメントパネルはブラック仕上げ。拡大
ソフトトップとカラーコーディネートされたタン色の布製バケットシートを採用。
ソフトトップとカラーコーディネートされたタン色の布製バケットシートを採用。拡大
マットブラック仕上げのバッジを装着している。
マットブラック仕上げのバッジを装着している。拡大

今回のブラック&タンは、ブラックのボディーにタンと呼ばれる淡い茶系色のソフトトップを組み合わせたもので、ラングラーが台数50台、ラングラー アンリミテッドが同100台の計150台限定で販売される。現行モデルにおけるソフトトップの採用は、同車が初となる。

両モデルとも最高出力284PS、最大トルク347N・mを発生する3.6リッターV6エンジン搭載車をベースに、簡単な操作でルーフを後部座席の頭上まで大きく開くことのできるソフトトップに加え、タン色の布製バケットシートやグロスブラック仕上げのインストゥルメントパネル、マットブラック仕上げの「Jeep」「TRAIL RATED」バッジなどが採用されている。

そのほか、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応する7インチタッチパネルモニター式のAM/FMラジオ付きインフォテインメントシステム「Uconnect」やオートエアコン、17インチアルミホイール、車庫入れをサポートする「ParkSense」、リアバックアップカメラ「Parkview」、ストップ機能付きアダプティブクルーズコントロールなども備わっている。

価格はラングラー ブラック&タンが492万円、ラングラー アンリミテッド ブラック&タンが513万円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
ホームへ戻る