中間グレードは高いものの……

またハリアーは都会的な上級SUVだから、合成皮革とファブリックを使ったシート生地、運転席の電動調節機能、リアゲートの電動開閉機能なども欲しい。そうなるとこれらを標準装着した「G」が魅力的に思えてくる。Gの価格は、2リッターエンジンを搭載する2WDが341万円だから、Sよりも42万円高い。それでも、Sに8万8000円でオプション設定される前後両方向録画機能付きデジタルインナーミラーなどが標準装着されるため、Gも決して割高にはならない。「341万円は高いなぁ」と思いつつ「ハリアーならSよりGだよね」という判断になりそうだ。

しかしさらに先がある。装備品の表を見続けると、「G“レザーパッケージ”」という仕様も目に留まるからだ。価格は2リッターエンジンの2WDで、Gよりも30万円高い371万円。レザーのパッケージだからシート生地が本革になるのは当然だが、違いはそれだけではなく、助手席の電動調節機能なども加わる。

あらためて考えると、助手席が手動調節では困る。助手席に座る奥さんから「アンタはやっぱり自分中心なのね」と言われてしまう。助手席の電動機能は使用頻度が低いとか、そういう問題ではなく、夫婦の話だ。

さらに“レザーパッケージ”には、運転席と助手席の快適温熱シート+シートベンチレーション機能も備わり、夏はシート自体もひんやりした感じになる。私個人は、何となく腰やおなかが痛くなりそうで好みに合わないが「ムレなくていい」という意見も多い。

“レザーパッケージ”の価格は前述の30万円だが、このうちの12万円は、シートに関係した装備の価格換算額で埋まる。本革シート生地の正味価格は、18万円前後で妥当な金額だ。それにしてもG“レザーパッケージ”は371万円だから、安いと思ったSの299万円に比べると、装備品表を見ているだけで72万円も高くなった。

「ハリアーG“レザーパッケージ”」。外観上は18インチの切削光輝アルミホイールが特徴。
「ハリアーG“レザーパッケージ”」。外観上は18インチの切削光輝アルミホイールが特徴。拡大
上質感がただよう「Z“レザーパッケージ”」のインテリア。
上質感がただよう「Z“レザーパッケージ”」のインテリア。拡大
本革シートが選べるのは、「G」と「Z」に設定される“レザーパッケージ”のみ。ほかはファブリックまたはファブリック+合成皮革となる。
本革シートが選べるのは、「G」と「Z」に設定される“レザーパッケージ”のみ。ほかはファブリックまたはファブリック+合成皮革となる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事