トヨタが「ポルテ」と「スペイド」に特別仕様車“セーフティーエディション”を設定

2020.07.02 自動車ニュース
トヨタ・ポルテF“セーフティーエディション”
トヨタ・ポルテF“セーフティーエディション”拡大

トヨタ自動車は2020年7月2日、コンパクトカー「ポルテ」および「スペイド」に、安全装備を充実させた特別仕様車“セーフティーエディション”を設定し、同日、販売を開始した。

トヨタ・スペイドF“セーフティーエディション”
トヨタ・スペイドF“セーフティーエディション”拡大

今回の特別仕様車は、ポルテならびにスペイドの「F」「G」グレードをベースに、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー<パーキングサポートブレーキ[静止物]>」を特別装備。さらに、後退時に後方の視界をナビゲーション画面に表示するバックカメラを含む「ナビレディパッケージ」や、太陽光に近い色と大光量で夜間の運転をアシストするディスチャージヘッドランプなどを含む「HIDパッケージ」を特別装備し、安全・安心装備を充実させたという。

ポルテには、外装色に「ホワイトパールクリスタルシャイン」(オプション)を含む全4色、内装色に明るい「フロマージュ」を設定。スペイドには、外装色に「ボルドーマイカメタリック」を含む全4色、内装色にシックな「プラム」を設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ポルテF“セーフティーエディション”:199万円(FF)/214万4000円(4WD)
  • ポルテG“セーフティーエディション”:209万0100円(FF)/224万4100円(4WD)
  • スペイドF“セーフティーエディション”:199万円(FF)/214万4000円(4WD)
  • スペイドG“セーフティーエディション”:209万0100円(FF)/224万4100円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
ポルテ, スペイド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ポルテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.2.7 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「トヨタGRヤリス」に試乗。専用3ドアボディーに新開発の3気筒ターボエンジン、さらに独自の4WDシステムを備えた異色のラリーウエポンを、山野はどうジャッジするのだろうか。
ホームへ戻る