カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活

2020.07.17 自動車ニュース
カワサキ・ニンジャZX-25R SE KRTエディション
カワサキ・ニンジャZX-25R SE KRTエディション拡大

カワサキモータースジャパンは2020年7月17日、250ccクラスの新型二輪モデル「カワサキ・ニンジャZX-25R」を同年9月10日に発売すると発表した。

 
カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活の画像拡大
 
カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活の画像拡大
ニンジャZX-25R SE
ニンジャZX-25R SE拡大
 
カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活の画像拡大
 
カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活の画像拡大
ニンジャZX-25R
ニンジャZX-25R拡大
 
カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活の画像拡大
 
カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活の画像拡大

パワーはもちろん爽快なフィーリングにも注目

ニンジャZX-25Rは、2019年11月の東京モーターショーで世界初公開された、フルカウルのロードスポーツモデルである。

最大の特徴は、新開発の249cc水冷4ストローク直4 DOHC 4バルブエンジンを搭載している点にある。カワサキはもちろん、二輪市場全体を見ても久々となる250ccクラスの4気筒エンジンは、ボア×ストローク=50.0×31.8mm、圧縮比11.5:1の燃焼室を持ち、最高出力45PS(33kW)/1万5500rpm、最大トルク21N・m(2.1kgf・m)/1万3000rpmを発生。ラムエア加圧時には46PS(34kW)まで出力が上昇するという。

また、軽量なアルミ鋳造ピストンの採用による鋭いエンジンレスポンス、入念にチューニングが施されたインテークサウンド/エキゾーストサウンドなども特徴としており、1万~1万7000rpmの高回転域でエキサイティングなフィーリングを提供。スロットル制御はインジェクターとスロットルバルブをECUでコントロールする電子制御で、常に最適な混合気をエンジンに供給するとともに、自然なフィーリングを実現するべく、あえてスロットルケーブルの操作感を残しているという。

装備の充実ぶりは250ccクラスで随一

このエンジンのパフォーマンスを最大限に引き出すべく、車体には新設計の高張力鋼製トレリスフレームを採用。足まわりについては、サーキットでのパフォーマンスと普段使いでの扱いやすさを両立するため、フロントをショーワ製「SFF-BP(セパレートファンクションフロントフォーク-ビッグピストン)」倒立フロントフォーク、リアをホリゾンタルバックリンクサスペンションとしている。

さらに、十分な制動力を確保すべくフロントブレーキにはφ310mmの大径ディスクローターとラジアルマウントモノブロックキャリパーを採用。タイヤはダンロップのハイグリップラジアル「スポーツマックスGPR-300」で、リアのタイヤサイズは150/60R17となっている。

このほかの装備も充実しており、スポーツライディング時のパフォーマンスと安心感を高める「KTRC(カワサキトラクションコントロール)」や、ライダーの好みや走行条件に合わせて出力特性が調整可能な「パワーモード」などを搭載。ドライブトレインには軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチを備えており、またスムーズな加速とクイックでイージーな減速を実現するアップ/ダウン両対応の「KQS(カワサキクイックシフター)」を上級モデル「SE」「SE KRTエディション」に標準で、スタンダードモデルにオプションで採用している。

価格は以下の通り。

  • ニンジャZX-25R:82万5000円
  • ニンジャZX-25R SE:91万3000円
  • ニンジャZX-25R SE KRTエディション:91万3000円

(webCG)

関連キーワード:
ニンジャZX-25R, カワサキ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
  • カワサキW800ストリート(MR/5MT)【レビュー】 2019.11.5 試乗記 一度はカタログから消えた「カワサキW800」が、大がかりな仕様変更を受けてカムバック。カスタムバイクを思わせるクールな「ストリート」モデルは、その乗り味も若々しさにあふれていた。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • ホンダGB350(5MT)【レビュー】 2021.5.19 試乗記 空冷単気筒エンジンのシンプルなネイキッドモデル「ホンダGB350」。優等生的な出来栄えとリーズナブルな価格を実現したニューモデルに、リポーターが感じたモヤモヤとは? 趣味の乗り物だからこそバイクに求められる+αの魅力について考えた。
  • ハーレーダビッドソン・ストリートボブ114(6MT)【レビュー】 2021.6.4 試乗記 シンプルで伸びやかな“チョッパースタイル”を特徴とする、ハーレーのクルーザー「ストリートボブ」。従来型を上回る1868ccの特大エンジンが搭載された、最新2021年モデルの走りやいかに?
ホームへ戻る