ドレスアップに安全装備の充実も トヨタが「アクア」の一部仕様を変更

2020.08.06 自動車ニュース
トヨタ・アクアG“GRスポーツ”
トヨタ・アクアG“GRスポーツ”拡大

トヨタ自動車は2020年8月6日、コンパクトカー「アクア」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

「G“GRスポーツ”」専用の16インチアルミホイール。
「G“GRスポーツ”」専用の16インチアルミホイール。拡大
新色「セメントグレーメタリック」のボディーカラーをまとう「アクアS」。
新色「セメントグレーメタリック」のボディーカラーをまとう「アクアS」。拡大
こちらのボディーカラーは同じく新色となる「ダークブラウンマイカメタリック」。
こちらのボディーカラーは同じく新色となる「ダークブラウンマイカメタリック」。拡大

今回の変更では、「G“GRスポーツ”」グレードに、ダークグレーメタリック塗装と切削光輝加工を施した16インチのGRスポーツ専用アルミホイールを標準装備。さらに、G“GRスポーツ”および「G“GRスポーツ・17インチパッケージ”」に、バックカメラを含む「ナビレディパッケージ」を装着した。

また「G」グレードを対象に、ペダルの踏み間違いや踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」を標準化した。

このGグレードと「S」グレードでは、新色「セメントグレーメタリック」「ダークブラウンマイカメタリック」を含む、全9色のボディーカラーが選べるようになっている。

価格は以下のとおり。

  • L:181万8300円
  • S:192万1700円
  • G:212万6300円
  • G“GRスポーツ”:244万0900円
  • G“GRスポーツ・17インチパッケージ”:261万0300円

(webCG)

関連キーワード:
アクア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • 第114回:アクアだ~い好き♡! 2018.12.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第114回は「アクアだ~い好き♡!」。発売から7年たった今も、売れ続ける「トヨタ・アクア」。4年間愛車として所有した筆者が最新モデルにプチ試乗、“我が愛するアクア”はどう変わっていたのか!?
  • 「トヨタ・アクア」に上質なインテリアの「クロスオーバー“グラム”」が登場 2018.9.4 自動車ニュース 「トヨタ・アクア」に特別仕様車「クロスオーバー“グラム”」登場。ブラウンとブラックの専用インテリアが特徴で、ボディーカラーには特別設定色の「オリーブマイカメタリック」を含む5色を設定。スマートキーを標準で採用するなど、装備も充実している。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る