トヨタが「ハイラックス」をマイナーチェンジ ピックアップトラックらしい力強さを追求

2020.08.19 自動車ニュース webCG 編集部
トヨタ・ハイラックスZ
トヨタ・ハイラックスZ拡大

トヨタ自動車は2020年8月19日、ピックアップトラック「ハイラックス」をマイナーチェンジし、同日、販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、フロントまわりの意匠が大きく変更された。
今回のマイナーチェンジでは、フロントまわりの意匠が大きく変更された。拡大
「X」のインストゥルメントパネルまわり。メーターの仕様が「Z」と共通となっている。
「X」のインストゥルメントパネルまわり。メーターの仕様が「Z」と共通となっている。拡大
「X」のシート。
「X」のシート。拡大
新規設定色の「オキサイドブロンズメタリック」。
新規設定色の「オキサイドブロンズメタリック」。拡大
新規設定色の「ダークブルーマイカ」。
新規設定色の「ダークブルーマイカ」。拡大
ラインナップはこれまでと変わらず、上級グレードの「Z」とベースグレードの「X」の2種類となっている。
ラインナップはこれまでと変わらず、上級グレードの「Z」とベースグレードの「X」の2種類となっている。拡大

巨大な台形グリルでよりマッチョなイメージに

現行のハイラックスは、トヨタがグローバル展開するミドルクラスのピックアップトラックであり、日本へはタイから輸入される形で2017年に導入が開始された。現在、国内市場において新車で購入できる唯一のピックアップトラックとなっている。

今回のマイナーチェンジでは「Tough & Recreational」というコンセプトのもとに、ピックアップトラックらしい力強さやワクワク感を強調するべく意匠を変更。燃費性能の向上や、乗り心地、操縦安定性の改善、安全装備の拡充などを図っている。

デザインについては、エクステリアではフロントに台形の大型グリルを採用したほか、日本仕様には専用のバンパーガードガーニッシュを装着し、よりアクティブなイメージを表現。グリル、ヘッドランプともにワイド感を強調する意匠としたほか、上級グレード「Z」には「Bi-Beam LED」ヘッドランプを標準装備した。

一方インテリアでは、これまでZのみに採用していたオプティトロンメーターと4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイをベーシックな「X」グレードにも設定。メーター自体もリングをメッキ化するなど、装飾のデザインを変更している。

燃費性能と操縦安定性、乗り心地を改善

走りに関する点では、ディーゼルエンジンの改良とアイドリングストップ機構の採用により、WLTCモードで11.7km/リッターという燃費を実現。JC08モードでは従来型の11.8km/リッターから13.6km/リッターへと、15%以上数値が改善したという。さらにサスペンションの改良とVFC(バリアブルフローコントロール)機能の追加により、乗り心地と操縦安定性の向上を図ったほか、Zにはコーナリング時や悪路走行時に左右駆動輪のトルク配分を最適化し、トラクション性能を向上させるオートLSDを新たに採用した。

またZについては安全装備の拡充も図っており、プリクラッシュセーフティーやレーンディパーチャーアラート(ヨーアシスト機能付き)などに加え、静止物への接近を表示と警告音で知らせるクリアランスソナー&バックソナーを標準装備した。

ボディーカラーは新採用の「オキサイドブロンズメタリック」と「ダークブルーマイカ」を含む全5色。価格はZが387万6000円、Xが347万1000円。

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, 自動車ニュース