ポルシェ718ケイマンGT4(前編)

2020.08.20 谷口信輝の新車試乗 ハイパワーな自然吸気フラット6をミドに搭載する「718ケイマンGT4」。そのステアリングを握ったレーシングドライバー谷口信輝は、いかにも満足そうな笑顔を見せた。このマシンのどんなところがプロを納得させたのか?

乗ってもらえればわかる!

今回、谷口信輝に試乗してもらうのはポルシェ718ケイマンのフラッグシップモデル、718ケイマンGT4である。

2012年に発表された2代目ケイマンは、その3年後に自然吸気(NA)の水平対向6気筒エンジンを水平対向4気筒ターボエンジンに置き換えたニューモデル“718ケイマン”として再デビューを果たしたが、2019年には、ポルシェは新開発の水平対向6気筒NAエンジンを積む718ケイマンGT4をリリース。これに続く形で、GT4より最高出力などを抑えた「718ケイマンGTS 4.0」が発売された。

これは、4気筒ターボのフィーリングに物足りなさを感じていた層にとってはまたとない朗報だったはず。おかげで「将来的に『911カレラ』系にも同じNAエンジンが搭載されるかも?」なんてうわさが、ちまたをにぎわせるほど注目を浴びているパワーユニットである。

いつもの箱根のワインディングロードで試乗を終えたばかりの谷口に718ケイマンGT4の印象を尋ねてみた。
「これはもう、素晴らしいですよ。この直前にマニュアルギアボックスを積んだあるクルマに試乗しましたが、そこで僕が指摘した問題点が718ケイマンGT4ではすべて解消されている。これに乗ってもらえれば、僕が言いたかったことが全部わかってもらえるはず。本当にスバラシイですよ」

谷口がマニュアルギアボックスのドライバビリティーについて疑問を呈したモデルが何だったかは記事の掲載まであえて名前を秘するとして、そのとき谷口が指摘したのはギアチェンジに伴ってクルマの動きがギクシャクする点にあった。これは決して谷口の運転が悪いわけではなく、クラッチの切れ具合やエンジンのフライホイールの慣性質量やダンピング特性、さらには足まわりの減衰力設定などクルマ全体のセッティングに関係することだと谷口は言う。つまり、一台の完成車として操ったときの全体的な感触が十分煮詰められていなかったのである。

 
ポルシェ718ケイマンGT4(前編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGT4(前編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGT4(前編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGT4(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ911カレラ(後編) 2020.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。
ホームへ戻る