【F1 2020】第9戦トスカーナGPで2度の赤旗をしのぎハミルトンが90勝目

2020.09.14 自動車ニュース

F1世界選手権第9戦トスカーナGPの決勝が、2020年9月13日、イタリアのアウトドローモ・インテルナツィオナーレ・デル・ムジェッロ(5.245km)を59周して行われた。

フェラーリ1000戦目のメモリアルレースとなるムジェッロでの初F1は、大きなクラッシュが相次ぎ、セーフティーカー3回、赤旗が2度出る荒れた展開に。集中力を切らさずトップでチェッカードフラッグを受けたのはメルセデスのルイス・ハミルトン。ファステストラップを記録し、今季6勝目を飾った。これで通算勝利数は90となり、ミハエル・シューマッハーの最多勝利記録にあと1勝と迫った。

2位はメルセデスのバルテリ・ボッタス。予選2位からスタートでトップに躍り出るも、最初の赤旗中断後のリスタートで2位にダウン。2度目の赤旗後の再スタートではダニエル・リカルドに2位を奪われたが、1周後に抜き返しそのままゴールした。

3位はレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボン。自身予選最高位の4位からそのポジションをキープし続け、終盤に猛チャージを仕掛けてリカルドをオーバーテイクし3位に。初めての表彰台に喜びとプレッシャーから解放された安堵(あんど)を隠さなかった。

ルノーのリカルドは4位でフィニッシュし久々のポディウムならず。レーシングポイント・メルセデスのセルジオ・ペレスは7番グリッドから5位、マクラーレン・ルノーのランド・ノリスは11番グリッドから6位、アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは予選12位から7位入賞を果たした。

この週末の“主役”だったフェラーリは、シャルル・ルクレールがスタートで3位に上がるもポジションキープは難しく、結果8位。セバスチャン・ベッテルも10位に入り、何とか2台そろってポイントを獲得することはできた。アルファ・ロメオ・フェラーリのキミ・ライコネンは9位だった。

以下、11位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、12位ロメ・グロジャン(ハース・フェラーリ)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップ首位はハミルトンで190点、ランキング2位のボッタスは135点で、両者の差は55点と大きく開いている。3位はこのレースをリタイアしたマックス・フェルスタッペンで110点のまま。4位ノリス65点、5位アルボン63点と続く。

コンストラクターズランキングトップはメルセデスで325点。2位レッドブル173点、3位マクラーレン106点、4位レーシングポイント92点、5位ルノー83点という上位の顔ぶれとなる。

(文=bg)

 
【F1 2020】第9戦トスカーナGPで2度の赤旗をしのぎハミルトンが90勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2020, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事