三菱が「エクリプス クロス」のプラグインハイブリッドモデル投入を予告

2020.09.17 自動車ニュース

三菱自動車は2020年9月17日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」の改良モデルを2020年度内に発売すると発表した。

国内では2018年3月に発売された三菱エクリプス クロス。改良モデルではフロントフェイスとリアまわりのデザインを一新するとともに、新たにプラグインハイブリッド車(PHEV)を設定することがアナウンスされている。

新たなエクステリアには2017年の東京モーターショーでお披露目された電動SUVコンセプト「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」のエッセンスを採用。現行モデルの持つ力強さやダイナミックさをキープしつつクーペSUVらしいエレガントさを強化しており、新しい三菱デザインの第1弾に位置づけられる。

三菱として2車種目となるPHEVには、「アウトランダーPHEV」で磨き上げてきたプラグインハイブリッドシステムをエクリプス クロスに最適化して搭載。「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というユーザーの声にこたえる電動SUVにしたという。

(webCG)

「三菱エクリプス クロス」の改良モデル。すでにティーザーサイトもオープンしている。
「三菱エクリプス クロス」の改良モデル。すでにティーザーサイトもオープンしている。拡大

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る