【F1 2020】ハミルトンが第12戦ポルトガルGPで今季8勝目 歴代最多勝記録更新

2020.10.26 自動車ニュース

F1世界選手権第12戦ポルトガルGPの決勝が、2020年10月25日、ポルトガルのポルティマオにあるオートドロモ・インターナシオナル・ド・アルガルベ(4.684km)を66周して行われた。

コロナ禍による大幅なスケジュール変更で24年ぶりに復活することになった同GP。初開催の地、アルガルベでの最初のウィナーは、メルセデスのルイス・ハミルトンだった。ポールポジションからのスタートで3位に落ちるもすぐにトップに返り咲いてそのまま優勝。今季8勝目、通算で92勝目を飾り、ミハエル・シューマッハーを抜いて歴代最多勝ドライバーとなった。

2位はメルセデスのバルテリ・ボッタス。序盤に首位を取りながらハミルトンに抜かれ、25秒もの大差をつけられてチェッカードフラッグを受けた。

3位はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。予選3位からスタートでセルジオ・ペレスと接触し5位にドロップ。そこからポジションを上げ、今季9回目の表彰台にのぼった。

マシンのアップデートで好調さをキープしているフェラーリのシャルル・ルクレールが予選順位と同じ4位フィニッシュ。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは9番手スタートから5位入賞を果たした。ファイナルラップでペレスを抜いたマクラーレン・ルノーのカルロス・サインツJr.が6位。レーシングポイント・メルセデスのペレスはスタート直後の接触でスピンし最後尾に脱落するも、ライバルより1回多い2ストップで7位まで挽回してみせた。

ルノー勢は、エステバン・オコン8位、ダニエル・リカルド9位とダブル入賞。フェラーリのセバスチャン・ベッテルが10位に入り、最後の1点を獲得した。

以下、11位キミ・ライコネン(アルファ・ロメオ・フェラーリ)、12位アレクサンダー・アルボン(レッドブル)、13位ランド・ノリス(マクラーレン)、14位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、15位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、16位ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)、17位ロメ・グロジャン(ハース)、18位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)、19位ダニール・クビアト(アルファタウリ)が完走した。

チャンピオンシップをリードするハミルトンのポイントは256点、ランキング2位ボッタスは179点で、両者の差は77点に広がった。3位フェルスタッペンは162点、4位リカルド80点、5位ルクレール75点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス435点、2位レッドブル226点、3位レーシングポイント126点、4位マクラーレン124点、5位ルノー120点と、3位以下の接戦が続いている。

(文=bg)

 

 
【F1 2020】ハミルトンが第12戦ポルトガルGPで今季8勝目 歴代最多勝記録更新の画像拡大

関連キーワード:
F1 2020, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事