世界限定765台 「マクラーレン765LT」の注文受け付けがスタート

2020.04.06 自動車ニュース
マクラーレン765LT
マクラーレン765LT拡大

マクラーレン・オートモーティブは2020年4月6日、新型車「マクラーレン765LT」の注文受け付けを開始したと発表した。世界限定765台のみが販売される予定となっている。

 
世界限定765台 「マクラーレン765LT」の注文受け付けがスタートの画像拡大
 
世界限定765台 「マクラーレン765LT」の注文受け付けがスタートの画像拡大
 
世界限定765台 「マクラーレン765LT」の注文受け付けがスタートの画像拡大
 
世界限定765台 「マクラーレン765LT」の注文受け付けがスタートの画像拡大

2020年3月初旬に発表された「765LT」は「720S」をベースとした限定車だ。マクラーレンの「ロングテール(LT)」モデルの文法にのっとり、パワートレインやエアロダイナミクス性能の強化に加えて、徹底した軽量化を実施。さらなるハイパフォーマンスを追求している。

リアミドに縦置きされる4リッターV8ツインターボエンジンは720Sを45PSと30N・m上回る最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生。0-100km/h加速のタイムは2.8秒、最高速は300km/hに達するとうたわれている。

エクステリアにはルーバー付きのカーボン製フロントフェンダーや4本パイプのオールチタン製スポーツエキゾーストシステムを採用。プラチナ仕上げとなる10スポークのウルトラライトウェイト鍛造アロイホイールはチタン製ボルトで固定される。

キャビンにはアルカンターラ製インテリアトリムやカーボン製レーシングシートに加えて、シフトパドルなどにもカーボンパーツを採用。フロアもまたむき出しのカーボンとされており、マクラーレンロゴ入りのマットが備わっている。

日本市場での価格は4450万円から。すでに相当数のオーダー希望が寄せられているという。

(webCG)

関連キーワード:
675LT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン 675LT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン600LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2019.8.8 試乗記 全方位的な改良によって走りを追求したマクラーレンの高性能モデル「600LT」に、電動ハードトップを持つ「スパイダー」が登場。“硬”と“軟”、2つのキャラクターを併せ持つ最新モデルに試乗し、完璧を求めるマクラーレンの哲学に触れた。
  • マクラーレン675LT(MR/7AT)【試乗記】 2015.12.2 試乗記 サーキットでの走りを追求した世界限定500台の高性能モデル「マクラーレン675LT」。0-100km/h加速は2.9秒、最高速は330km/hという動力性能を誇るミドシップのスーパースポーツを、富士スピードウェイでフラットアウト。「650S」をも超えるという、その実力を堪能した。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.15 試乗記 SUVに流麗なクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆け「BMW X6」がフルモデルチェンジ。最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「xDrive35d Mスポーツ」に試乗し、多くのフォロワーを生み出した人気の秘密を探った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る