「スズキ・エスクード」に「Sリミテッド」登場 ブロンズの装飾が目を引く特別仕様車

2020.11.24 自動車ニュース
スズキ・エスクードSリミテッド
スズキ・エスクードSリミテッド拡大

スズキは2020年11月24日、コンパクトSUV「エスクード」に特別仕様車「Sリミテッド」を設定し、同日、販売を開始した。

 
「スズキ・エスクード」に「Sリミテッド」登場 ブロンズの装飾が目を引く特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」に「Sリミテッド」登場 ブロンズの装飾が目を引く特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」に「Sリミテッド」登場 ブロンズの装飾が目を引く特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」に「Sリミテッド」登場 ブロンズの装飾が目を引く特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」に「Sリミテッド」登場 ブロンズの装飾が目を引く特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・エスクード」に「Sリミテッド」登場 ブロンズの装飾が目を引く特別仕様車の画像拡大

エスクードSリミテッドは、カタログモデルにはないエクステリア・インテリアの仕様を特徴とする特別仕様車であり、随所にカッパーブラウンの装飾を採用。切削加工を施した17インチアルミホイールや、本革とスエード調表皮を組み合わせた専用シート、ステンレス製ペダルプレートも装備されている。

これらを含む、Sリミテッドの特別装備は以下の通り。

  • 専用LEDヘッドランププロジェクターカバー[カッパーブラウン]
  • 専用17インチアルミホイール[切削加工&カッパーブラウン塗装]
  • 専用色インパネガーニッシュ[カッパーブラウン]
  • 専用色センター&サイドルーバーリング[カッパーブラウン]
  • 専用ガーニッシュ付きセンタークロック[カッパーブラウン]
  • 専用本革&スエード調シート表皮[ブラウンステッチ]
  • 専用色ドアアームレストオーナメント[カッパーブラウン](フロント、リア)
  • 成形ドアトリム[専用キルティング加工スエード調クロス入り](フロントドア)
  • 専用色シフトゲートガーニッシュ[カッパーブラウン]
  • ステンレス製ペダルプレート

ボディーカラーは同車専用色の「スフィアブルーパール」を含む全4色。いずれもルーフを車体と別色で塗り分けたツートンカラー仕様となっており、ルーフには「ブラック」と、国内モデルではこれが初採用となる「ギャラクティックグレーメタリック」の2色が用意されている。

価格は277万4200円。

(webCG)

関連キーワード:
エスクード, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • トライアンフ・トライデント660(6MT)【レビュー】 2021.4.14 試乗記 トライアンフのミドル級バイク「トライデント660」が日本上陸。クールなスタイリングと戦略的な価格が目を引く新型モーターサイクルは、乗ってみても思わずほほがゆるむ、極めて魅力的な一台だった。
  • スズキ・エスクード 2015.10.15 画像・写真 スズキは2015年10月15日、コンパクトSUVの新型「エスクード」を発売した。FFベースのプラットフォームに1.6リッター直4エンジンを搭載しており、駆動方式にはFFとフルタイム4WDの2種類を用意。ハンガリーで生産される欧州生まれのニューモデルを写真で紹介する。
ホームへ戻る