「ジープ・コンパス/チェロキー」にブラックを基調とした限定車「Sモデル」登場

2020.12.01 自動車ニュース
ジープ・コンパス Sモデル
ジープ・コンパス Sモデル拡大

FCAジャパンは2020年12月1日、ジープブランドのSUV「コンパス」「チェロキー」に特別仕様車「Sモデル」を設定し、同年12月12日に発売すると発表した。

グラナイトカラーの「S」バッジ。
グラナイトカラーの「S」バッジ。拡大
「コンパス Sモデル」のフロントまわり。
「コンパス Sモデル」のフロントまわり。拡大
グレーステッチ入りのブラックレザーシートも装備される。
グレーステッチ入りのブラックレザーシートも装備される。拡大
チェロキー Sモデル
チェロキー Sモデル拡大
専用デザインの19インチアルミホイール。
専用デザインの19インチアルミホイール。拡大

Sモデルは、エクステリアの各所に施されたグラナイト系のアクセントを特徴とする特別仕様車で、コンパス/チェロキーともに販売台数は100台となっている。

各車の概要は以下の通り。

【コンパス Sモデル】
ベースモデルは上級グレードの「リミテッド」で、エクステリアにはダークグレーを部分的にあしらったフロントグリルや、グラナイトカラーのウィンドウモールディングおよびフォグランプベゼルを採用。同じくグラナイトカラーの19インチアルミホイールや「S」のバッジも特徴となっている。

一方インテリアには、グレーステッチ入りのブラックレザーシート(運転席パワーシート付き)や、ガンメタルのインテリアアクセント、ブラックのヘッドライナーを特別装備。荷室には、裏面を拭き取りやすい材質としたリバーシブルカーゴフロアを採用している。

ボディーカラーは「ブリリアントブラッククリスタル」で、インテリアカラーは「ブラック」。価格は439万円となっている。

【チェロキー Sモデル】
上級グレードの「リミテッド」をベースに、ダークグレーのルーフレールや、ボディー同色のフロントバンパーを採用。フォグランプベゼルの装飾や、ブランドバッジなどの外装パーツ、標準モデルより1インチ大きな19インチのアルミホイールをグラナイトでコーディネートしている。一方、インテリアにはアノダイズドガンメタルのアクセントを採用している。

ボディーカラーは「ダイヤモンドブラッククリスタルP/C」。価格は519万円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, チェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ コンパス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る