スバルが軽トールワゴン「シフォン」を一部改良 予防安全・運転支援システムの機能を強化

2020.12.08 自動車ニュース

スバルは2020年12月8日、軽乗用車「シフォン」の一部改良モデルを発表した。

シフォンは、広い車内空間を特徴とするトールワゴンタイプの軽乗用車で、スバルがダイハツからOEM供給を受けて販売する、「ダイハツ・タント」の姉妹モデルである。

今回の一部改良では、改良型の予防安全・運転支援システム「スマートアシスト」を標準で採用。センサーに用いるステレオカメラを刷新することで、衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキの性能を向上させたほか、路側逸脱警報機能やふらつき警報などの新機能を追加した。ターボエンジンの搭載グレードでは、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールの作動速度域も拡大している。

ラインナップも変更しており、「シフォン カスタム」には新グレード「Rリミテッド スマートアシスト」「RSリミテッド スマートアシスト」を設定。両モデルともに大型のフロントグリルや専用のバンパーガーニッシュ、サイドガーニッシュを装備するほか、RSリミテッド スマートアシストには専用デザインの15インチアルミホイールも採用している。

価格は標準車のシフォンが134万2000円から172万7000円、シフォン カスタムが174万9000円から206万2500円。

(webCG)

スバル・シフォン カスタムRSリミテッド スマートアシスト
スバル・シフォン カスタムRSリミテッド スマートアシスト拡大

関連キーワード:
シフォン, シフォンカスタム, スバル, 自動車ニュース

スバル シフォン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る